【そっち!?】「動画SNS放題」vs「WiMAX」本当に使えるのは○○だった!ウルトラギガモンスター+のすべてを暴く!

ソフトバンクが新しく発表した「動画SNS放題」に入った方がいいのか?

WiMAXを契約した方がいいのか?

結局、どっちがお得で使い勝手がいいのか知りたいと思っていませんか?

「動画SNS放題」の正式な名前はウルトラギガモンスター+(プラス)といいます。

 

動画サービスでは、

・youtube

・AbemaTV(アベマティービー)

・TVer(ティーバー)

・GYAO(ギャオ)

・hulu(フールー)

 

SNSでは、

・LINE

・インスタグラム

・フェイスブック

が、基本的に使い放題になって、プラス50ギガの通信量も使えるという内容です。

これだけ聞くと、「すごい!絶対入った方がお得やん!」と思う人も多いと思いますが、ちょっと待ってください。

 

先に結論から言うと、確実にWiMAXを契約することをおすすめします。

なぜなら「動画SNS放題」は、めちゃくちゃ高いからです。

 

ややこしい料金

 

毎度のことですが、ソフトバンクグループの料金形態はめちゃくちゃややこしいです。

「1,980円のサービスに申し込んだのに6,800円の請求が来た」というような話は本当によく聞きます。

 

この「動画SNS放題」も、きちっと内容をみないと、すごい請求額になるので注意が必要です。

くわしく見ていきましょう。

 

最安値が表示してある!

 

下の広告を見ると、

「2,480円でyoutubeなどが見放題で、さらに50GBもある!?これすげーな!」

と、なるかもしれません。

ただ、よく見ると下の方に小さい字で色々注意書きがしてあります。

色んな割り引きサービス

□2年契約

□1年おトク割

□ギガ使い放題キャンペーン+

□みんな家族割り

□おうち割 光セット

これら、すべての割り引きが適用されての金額が表示されています。

もちろん、人によっては割り引きがひとつも適用されない場合もあります。

というより、そういう人も多いと思います。

 

その場合、どうなるかというと、

1年目の月額は7,480円(税抜き)

2年目の月額は8,480円(税抜き)

になるんです。

 

さらに、これは電話代を使った分だけ請求される基本プランの金額なので、上の金額に電話代(30秒=20円)がかかります。

 

ソフトバンクの通話プランは3つあって、

使った分だけ(30秒=20円)払う基本プランなら7,480円(2年目8,480円)+電話代

1回5分以内の国内通話を無料にするなら上の金額に500円プラスで7,980円(2年目8,980円)+5分以上話した場合の電話代

24時間いつでも国内通話無料ならプラス1000円で8,480円(2年目9,480円)

 

と、通話プランまで考えて、実際の支払額を考えると、それだけで1万円近い金額になってきます。

 

では、実際にそれぞれの割り引きが受けられる条件を詳しく見ていきましょう。

 

2年契約

ソフトバンクは2年契約が2種類あります。

 

2年単位での契約で、2年経った更新月に解約しなかったらまた自動的に2年の契約が始まるプランです。

また、更新月以外に解約すると9,500円の解約料がかかります。

2年契約だけど、2年目以降(25ヶ月目~)に解約すれば解約料はないプランです。

2年以内に解約すると9,500円の解約料がかかります。

 

2年は絶対しばられるのでどちらでもいいですが、2年目以降は解約料がかからない方を選ぶと毎月300円高くなります。

 

つまり、最低でも300円×24ヶ月=7,200円はかかります。

さらにもう1年続いたとしたらプラス3,600円で10,800円になって解約料の9,500円より高くなってしまうのでわけがわからなくなります。

 

なので、ここは2年単位で自動更新されるプランの方が、いつ解約しても9,500円だし、シンプルに毎月300円安くなるのでおすすめです。

 

1年おトク割り

これは1年間は1,000円割り引きされる内容です。

ただし、割り引きを受けるには条件があるので確認しましょう。

機種変更した人

✔新しくソフトバンクに加入する人

この2つのどちらかにあてはまる人です。

 

なので、今ソフトバンクを使っていて、プランだけ「動画SNS放題」に変えた人は適用されません。

誰でも割り引かれるような印象が強いので注意しましょう。

 

ただ、プランだけ「動画SNS放題」にする受付は2018年の11月以降開始予定で、まだいつから受け付けるかは決まっていません。

 

ギガ使い放題キャンペーン+

これは、2018年11月30日までに、さっきと同じ

✔機種変更した人

✔新しくソフトバンクに加入する人

この2つに当てはまる人であれば、2019年4月まで1,000円割り引かれるシステムです。

こちらもプランを変えただけでは適用されません。

 

みんな家族割り+

これは、名前の通り「家族」みんなで入っていれば、人数に合わせて割り引きされるサービスです。

条件としては、

全員で「家族割り」に加入している

全員で「動画SNS放題」に加入している

この2つです。

 

4人以上いれば、割り引き額は1人2,000円になります。

 

ちなみに、この「家族」は血のつながった家族でなくても大丈夫です。

 

ただ、家族それぞれでキャリアもちがったりするし、恋人や一緒に住んでる友人がいるにしても、

そもそも高いプランなので「動画SNS放題に入ってー」とも言いにくいです。

 

また、同棲しているカップルが「一緒にこれにしよー」とうのは想像しやすいですが、2人だと割り引き額は500円なので、

メリットが少ないです。

 

当然、1人だと割り引きはありません。

 

おうち割り 光セット

これは、よくありがちですが「ソフトバンクの他のサービスを使っているなら1,000円引きますよ」という割り引きです。

以下のサービスに入っていれば割り引きが適用されます。

 

※割り引き期間なし

SoftBank 光(ファミリー・ライト含む)

SoftBank Air

Yahoo! BB ADSL

SoftBank ブロードバンド ADSL(Nexyz.BB)

SoftBank ブロードバンド ADSL(エンジョイBB)

ケーブルライン

ひかりdeトークS(ケーブルライン)

NURO 光 でんわ(ケーブルライン)

Yahoo! BB 光シティ

 

※2年間

ホワイトBB

Yahoo! BB バリュープラン

 

ただ、ひとつツッこむとすれば、家に固定回線を引いていればWi-Fiを飛ばしているはずなので、

「動画SNS放題」のようなプランには入らないということです。

 

これは、別居している家族が入っていても適用はされないので、むずかしいところです。

 

実際の金額は?

 

つまり、「動画SNS放題」は、これまで見てきたすべての割り引きが適用されないと、

めちゃくちゃ高い!

とうことがわかります。

 

しかも、これまで見てきたとおりすべての割引を受けられる人はそうそういません。

 

きっちりと例を見てみましょう。

これは、1人で「動画SNS放題」に入った場合の料金シミュレーションですが、

 

 

□機種変更している

□ソフトバンク光などのサービスに加入している

 

この2つが前提になっています。

 

もし、機種変更もせず、ソフトバンク光などにも入ってなかったら、最初にもちょっと触れましたが、

料金は7,480円になります。

 

さらに、通話のプランによって料金が変わってきます。

 

機種変更をすると??

 

ただ、機種変更をすると2019年4月までは2,000円安くなりますが、

もちろん機種代金がかかってきます。

 

最新のiphoneXs(テンエス)なんかにすると、いちばん安い64GBのモデルでも、

5,700円×24回払い

か、

2,850円×48回払い

で、

合計136,800円

 

が、のっかってくるので、24回払いだとすべて合わせて1万5000円前後、48回払いでも1万2500円と毎月の通信量としては、

ビックリするくらい高くなります。

 

もともとは「動画SNS放題」を見て、

これだったら安くなるんじゃないのー!?

というきっかけだったはずが、かなり高くなっています。

 

「動画SNS放題」がダメというわけではありませんが、自分は何の割り引きが適用されるかを必ず確認しましょう。

 

「動画SNS放題」の残念なところ

あとは、amazonプライムビデオとツイッターが使い放題の対象外になっているところがちょっと残念です。

SNSでいちばんギガ数を食うのはまちがいなく「ツイッター」です。

また、ビデオのサービスでいちばんコンテンツが揃っているのもamazonです。

 

この2つがあれば印象もちがったものになったかもわかりません。

ただ、どちらにしてもやっぱり「高い」というのは消えません。

 

コストパフォーマンスはWiMAX

 

インターネットを安く・使い放題にするにはWiMAXがベストな選択です。

月額は3千円前後からで、月間の通信量制限はありません。

そもそも、通信速度はソフトバンク・au・docomoの3倍から4倍あって、光回線と比較しても大きく変わりません。

 

 

ソフトバンク・au・docomo⇒150Mbps

WiMAX⇒558Mbps(最大708Mbps)

 

 

また、エリアも人口カバー率を99%も越えて全国的に使えます。

 

3日で10GBはどうなの?

WiMAXには「3日で10GB」を越えると、その次の日の夕方6時から深夜2時までの間「速度制限」に入ります。

 

ただし、この速度制限は他の会社とちがって「何もできない」速度ではなく、youtubeの標準画質が見れる程度の速度が出るので、

Webサイトを見てまわったり、amazonで買い物をしたり、標準画質の動画を見るくらいなら制限中でもできるんです。

 

そもそも、「3日間で10GB」使いきるというのがけっこうむずかしいです。

youtubeは1日18時間くらい見ると危なくなってきます。

なので、起きてるときはずーーーっと動画見てる

という人以外であれば、まず大丈夫です。

 

また、制限がかかったとしてもインターネットが使えなくなることはないので、実質使い放題といえます。

 

家でも外でも使える

さらに、WiMAXは家のなかでも、外でもどこでもインターネットにつなぐことができます。

光回線の代わりにもなるので、通信費はかなり節約できることになります。

 

 

おすすめの機種は?

スマホみたいにたくさんはありませんが、WiMAXも機種を選ぶことができます。

そして今から、WiMAXを申し込むなら最新の「W06」か次に新しい「WX05」でまちがいありません。

ただし、単純な好みではなくて、このふたつには、

 

大きなちがい

 

がいくつかあるので、自分の合っている方を選ぶ必要があります。

 

おすすめは最新の「W06」です。

それではくわしく紹介していきます。

 

ちがい① 通信速度

 

新しい「W06」は、ついに光回線の通信速度を超えています。

回線の種類 通信速度(下り最大)
WiMAX「W06」 1.2Gbps(1237Mbps)
光回線 1Gbps(1000Mbps)
WiMAX「WX05」 440Mbps

と、言っても光回線の速度を超えるには「W06」本体とパソコンなどをUSBで有線で接続したときだけなので、ふつうに無線でインターネットにつなぐときは下り最大867Mbpsになります。

もちろん、それでも「WX05」の2倍近くあるすごい速度なので、かなり快適にインターネットを楽しむことができます。

 

どちらにしても、WiMAX1台で理論値とはいえ光回線の通信速度を超えるときが来るとは思ってもなかったので、自宅などでUSBを使ってインターネットに接続するときは、ぜひ光回線超えをフルに活用してみてください。

 

この通信速度が出るモバイルルーターは、もちろんWiMAXの「W06」だけなので、とても価値があります。

 

ちがい② 接続台数

WiMAXは長い間、最大の接続台数が10台まででしたが「W06」は16台まで増えました。

W06 WX05
最大16台まで 最大10台まで

一人暮らしだと正直そんなに使わないですが、ゲーム機はもちろん、これからもWi-Fiに対応している家電なども増えていくので、接続台数が多いと余裕があって安心して使えます。

これも大きなポイントです。

 

ちがい③ 電池持ち

ただし、電池持ちは「WX05」の方が少し長いです。

もし、WiMAXにいちばん求めるものが電池持ちであれば「WX05」を選んでもいいかもしれません。

 

ただ「W06」も、バッテリーセーブモードで12時間近く連続でインターネットに接続できるので電池持ちとしても本当に充分です。

 

選び方としては、とにかく電池持ちを重視するなら「WX05」、そうでないなら最新の「W06」を選んでまちがいありません。

通信速度も速くバランスのとれた機種で、これから長く安心して使っていけます。

どこで申し込むのがおすすめ?

 

WiMAXを申し込むのに本当に自信を持っておすすめできるプロバイダはこの2社です。

 

キャッシュバックキャンペーンを選ぶなら!

GMOとくとくBB

GMOはキャッシュバックが1年を通じて業界ナンバーワンです。

ちなみに9月のキャッシュバックは1年で最も高い時期です。

⇒GMOを詳しく見る

 

月額が安いキャンペーンを選ぶなら!

Broad WiMAX(ブロードワイマックス)

ここの特徴はキャッシュバックがない分、月額が他より1,000円近く安く設定されています。また、クレジットカードがなくてもWiMAXを申し込める貴重なプロバイダです。

⇒BroodWiMAXを詳しく見る

 

この2社の中で、自分に合っている方で申し込めば、絶対に「損」はしません。

 

もちろん、どちらもWiMAXの端末は無料です。

GMOとくとくBBが合うひと

□高額なキャッシュバックが欲しい!

□とにかく安くWiMAXを使いたい!

これに尽きます。

また、GMOは申し込んで20日まではキャンセルができる唯一のプロバイダなので安心です。

\高額なキャッシュバックをもらうなら/

GMOとくとくBB公式サイト

Broad WiMAXが合うひと

□毎月の月額を少しでも安くおさえたい!

□クレジットカードを使いたくない!

という方です。

 

最初から月額が安くしてあるので、申し込んだ後に手続きが必要ないので安心です。

また、銀行引き落としでも申し込めるプロバイダなのでクレジットカードを使わなくても申し込めるのも特徴です。

\毎月の月額をリアルに安くしたいなら/

Broad WiMAX公式サイト