【検証済み】なぜWiMAXのクレードルは必要ないのか?持っている本人が解説します!

WiMAXを申し込むところまで来ているけど、

クレードルが必要かどうか悩んでいませんか?

 

結論から先に伝えると、

まったく必要ありません!

なぜなら、クレードルがなくてもWiMAXはフル活用できるからです。

 

私は、いま使っている「W05」を申し込むときに、よく調べることもなく、

「なんとなくだけど必要っぽい」

という理由でクレードルも一緒に申込みました。

 

 

税込みで3,553円と、結構高いです。

 

クレードルそのものはプラスチックで軽くて、正直けっこう「ちゃちい」です。

 

このクレードルにWiMAX本体を挿して、LANケーブルで有線接続すると、

速度が上がる!

通信が安定する!

という情報があったのですが、

なくてもそんなに変わりませんでした。

 

「クレードルは100%必要ありませんよ!」

とは、言いませんが、基本的にはなくても困ることはありませんでした。

 

では、クレードルが「あるとき」と「ないとき」では、どんな違いがあるのでしょうか?

実際に検証しているので参考にしてください。

 

通信速度の目安とは?

その前に、通信速度はどのくらいあれば快適にインターネットが楽しめるのか確認しておきましょう。

基本的に10Mbps前後出ていれば、高画質の動画も余裕で見れます。

また、30Mbps以上あればインターネットを使う上で不自由なことはありません。

かなり快適に使うことができます。

 

まずは、この通信速度の目安を覚えておきましょう。

クレードルなしの場合

 

まず、クレードルがない場合の通信速度を測ってみましょう。

計測したのは土曜日の昼過ぎで、どちらかというと回線が混んでいる時間帯です。

 

1回目 79.39Mbpss

 

2回目 68.92Mbps

 

3回目 62.64Mbps

 

4回目 87.28Mbps

 

5回目 73.30Mbps

 

だいたい、60代後半から80代後半の速度が出ているので、インターネットの通信速度としてはかなり高速です。

光回線でも実際に速度を測ると50Mbps~100Mbpsの間なので、比べても負けていません。

無線の回線でこの速度が出るのはかなり優秀です。

 

クレードルがある場合

次に、クレードルを使って速度を測ってみましょう。

同じく、計測したのは土曜日の昼過ぎです。

 

1回目 62.20Mbps

 

2回目 75.38Mbps

 

3回目 90.74Mbps

 

4回目 66.41Mbps

 

5回目 89.06Mbps

 

クレードルをつけても、ほとんど通信速度は変わりませんでした…。

平均して50Mbpsくらい速くなるなら、買って使った身としてもクレードルのおすすめポイントができるのですが、

クレードルがあってもなくても体感としても何も変化がない

ので、3,500円出してまで買う必要はなかったなぁと思っています。

 

50回測定してみた

 

ちなみに、5回では少ないと思い、あと45回ずつ測定して合計50回やりましたが、特に大きな差はありませんでした・・・。

疲れて写真はありませんが、記録はしてあるので参考にしてください。

 

回数 クレードルなし  (単位Mbps) クレードルあり   (単位Mbps)
1     79.39     62.20
2     68.92     75.38
3     62.64     90.74
4     87.28     66.41
5     73.30     89.06
6     65.28     77.54
7     88.29     58.94
8     68.21     77.98
9     69.74     92.21
10     71.89     82.46
11     91.33     66.25
12     62.01     78.65
13     47.25     74.36
14     69.85     57.07
15     77.97     82.04
16     85.28     74.66
17     88.65     96.52
18    101.97     99.21
19    107.36    111.82
20    105.01    108.08
21     95.11    103.28
22     91.97     88.29
23    102.74     91.07
24     77.22    100.57
25     95.27     78.91
26     84.77     69.31
27     71.23     86.97
28     65.17     82.79
29     71.13     74.66
30     79.28     78.89
31     90.74     78.22
32     80.34    100.71
33     69.33     81.28
34     90.55     88.02
35     79.21     91.16
36     61.87     75.52
37     70.66     72.58
38     81.17     92.31
39     77.26     86.88
40     69.37     71.20
41     86.74     85.11
42     58.31     68.39
43     64.19     76.41
44     76.58     85.94
45     81.36     77.30
46     90.41     81.93
47     72.07     75.76
48     68.71     79.22
49     81.06     91.58
50     78.76     82.63

 

計測した速度にバラつきはありますが、「クレードルがないとき」と「クレードルがあるとき」に本当に大きな差は出ませんでした。

WiMAX本体だけでも、まったく問題なく活躍してくれます。

 

ちなみに、充電はクレードルがなくても付属している充電ケーブルだけでできるので安心してください。

 

ただ、どちらにしてもコンセントから充電しようと思ったら、iphoneなどを充電するときに使う「USBアダプタ」がついてないので、家にあるのを使うか100円均一やヨドバシカメラなどで安いやつを買う必要があります。

こんなのです。

 

と、クレードルが必要かどうかを検証してきましたが、

とりあえず必要ない

でまちがいありません。

 

いまのところ、私のクレードルはただの充電台になっています…。

 

もし、急にどうしても欲しくなったら3,000円前後でどこでも売っていますので、後から買うことをおすすめします。

WiMAXはクレードルがなくても、めちゃくちゃ快適にインターネットを楽しむことができるので安心してください。

本当におすすめできます。

 

\くわしく見てみよう/

GMOとくとくBBを詳しく見る

 

BroadWiMAXを詳しく見る

※WiMAXが届いて8日間は返品できます。
 

おすすめの機種は?

今からWiMAXを申し込むなら5G対応の最新ルーターでまちがいありません。

なんと言っても通信速度は光回線と同じで、他の端末だと3日で10GBで制限がかかるところを、5Gルーターの場合は3日で15GBまで使うことができます。

デザインもまとまっていて持っているだけでテンションもあがります。

何よりいつもの通信環境がかなり快適になります。

5G対応ルーターは、これから本格的に広まっていって在庫が切れる可能性がありますので、機種が決まっているのであれば早めの申込みをおすすめします。

\\高額キャッシュバック/

GMOとくとくBBを詳しく見る

※14時までは当日発送が可能です。
 

 

ただし、単純な好みではなくて、このふたつには、

大きなちがい

がいくつかあるので、自分の合っている方を選ぶ必要があります。

 

先に結論を伝えると、おすすめは完全に「5G X11」です。

何より最新機種で通信速度も「下り最大2.7Gbps」と光回線の2倍以上になります。

また、メーカーも日本のNECなので安心感があります。

それではくわしく紹介していきます。

ちがい① 通信速度

どちらの機種も通信速度は申し分ありませんが、最新の「5G X11」は最大で光回線の約2.7倍の通信速度になっております。

もちろん最大の通信速度なので、いつもこの速度が出るわけではありませんが、持ち歩きできるWi-Fiルーターとしてはダントツに速い端末になります。

また5Gはこれからどんどん整備されますが、まだの地域だと自動的に4Gにつながります。

 

それでも下り最大758Mbpsの速度が出て、これまでのWiMAX端末の2倍近くあるので、かなり快適にインターネットを楽しむことができます。

さらに「5G X11」は「Wi-Fi 6」という規格に対応しています。

「Wi-Fi 6」とは、すごくかんたんに言うと「Wi-Fi」の「6代目」です。

「Wi-Fi 5」とのちがいは、

・同時に多くの人が使っても遅くならない
・情報の処理速度がこれまでの約4倍~10倍なのでサクサク動く
・つまり動画・ゲームがさらに快適に遊べる

これから、もっとインターネット回線は本格的に「5G」がスタンダードになります。

「5G」のすごい情報量をサクサク処理するのが「Wi-Fi 6」になります。

その両方の機能がついている「5G X11」はこれから大きな強みと言えます。

 

いずれにしても、無線のWiMAX1台で理論値とはいえ光回線の通信速度を大幅に超える時代がこんなに早く来るとは思っていませんでした。

通勤・通学などの外出するときはもちろん、自宅でもインターネットに接続するときは、ぜひ光回線を超えた通信速度をフルに活用してみてください。

このインターネット環境を装備したモバイルルーターは、もちろんWiMAXの「5G X11」だけなので、とても価値があります。

ちがい② 接続台数

WiMAXは長い間、最大の接続台数がほぼ10台まででしたが「5G X11」は16台まで増えました。

「Galaxy 5G」はこれまでと同じ、最大で10台までとなります。

たとえば、一人暮らしだと正直そんなに使わないですが、ゲーム機はもちろん、これからもWi-Fiに対応している家電なども増えていくので、接続台数が多いと余裕があって安心して使えます。

これも大きなポイントです。

ちがい③ 電池持ち

ただし、電池持ちは「Galaxy 5G」の方が長いです

もし、WiMAXにいちばん求めるものが電池持ちであれば「Galaxy 5G」を選んでもいいかもしれません。

 

ただ「5G X11」も、9時間30分連続でインターネットに接続できるのでモバイルルーターの電池持ちとしては本当に充分です。

 

また、1回家を出ても、会社・学校・カフェなどで充電できる環境であれば再充電できますし、モバイルバッテリーがあるならそれでまったく問題ありません。

 

選び方としては、とにかく圧倒的に電池持ちを重視するなら「Galaxy 5G」、そうでないなら最新で最速の「5G X11」を選んでまちがいありません。

 

通信速度も速くバランスのとれた機種で、何より「5G」がこれから本格的にスタンダードになっていく上で「Wi-Fi 6」にも対応して長く安心して使っていけます。

どこで申し込むのがいい?

新型コロナウイルスの影響を受け、リモートワークなどでWiMAX等の需要が急増しております。

 

そのため新規の受付を停止しているプロバイダもあるので、機種などが決まれば早めの申し込みがおすすめです。

 

WiMAXのプロバイダは20社以上ありますが、どこで申し込んでもWiMAX自体の速度はまったく同じですので、一番安いところで申し込むのが得をします。

WiMAXはプロバイダによって、基本月額や割引額、キャッシュバック額が異なっていますので、それらを加味した実質月額((「初期費用」+「端末代金」+「月額料金×契約期間」- 「キャッシュバックなど特典」)÷「契約期間」)を比較することで、どこが本当に安いのかがわかります。

20社以上のプロバイダを調べてみて、料金の面からおススメできるプロバイダは、次の3社しかありません。

本家の”UQ WiMAX”との比較表を次にまとめています。

【2022年5月 WiMAXプロバイダ別価格比較】

おすすめできるのは、

  • 実質月額料金が最も安い!GMOとくとくBB!
  • 他社の解約違約金を最大19,000円キャッシュバックしてくれる!BroadWiMAX!
  • 途中解約の違約金が安い!BIGLOBE!

の3社です。

 

おすすめのプロバイダ

【1位】GMOとくとくBB

実質の月額料金が最も安いプロバイダです。

14,000円のキャッシュバックがもらえ、さらに他では分割で支払うことが多い「端末代金」も無料です。

ちなみに5Gのキャッシュバックはいつまでやっているかわからないので、決まれば早めの申込みがおすすめです。

 

さらに、他社から乗り換えで違約金がかかる場合は、23、000円のキャッシュバックがついてきます(ただし、14,000円の通常のキャッシュバックとは併用できません)。

この場合は、通常のキャッシュバックよりも、最大9,000円もお得になります。

 

\実質料金が最安!/

GMOとくとくBBを詳しく見る

※14時までは当日発送が可能です。
※WiMAXが届いて8日間は返品できます。
 

【2022年最新版】損せずGMOとくとくBBでWiMAXを申し込む方法

 

【2位】Broad WiMAX(ブロードワイマックス)

実質月額料金は「GMOとくとくBB」より少し高めですが、ここの特徴は、他社から乗り換えるときにかかる解約の違約金を最大19,000円キャッシュバックしてくれることです。

他社のWiMAXだけでなく、モバイルWi-Fiや光回線などもキャッシュバックの対象になります。

他社からの乗り換えを考えている人は、BroadWiMAXがおすすめです。

 

\他社違約金を最大19,000円キャッシュバック!/

Broad WiMAXを詳しく見る

※WiMAXが届いて8日間は返品できます。
※クレジットカードは必要ありません。
 

【WiMAX】機種選びに失敗!でも「違約金なし」で「すぐ」機種変更できた裏ワザとは!?

 

【3位】BIGLOBE(ビッグローブ)

BIGLOBEの特徴は、途中解約の違約金が非常に安く、1~12ヵ月目で1,100円、13ヵ月目以降は0円と、他社と比べて大幅に安くなっていることです。

「GMOとくとくBB」や「Broad WiMAX」では3年以内に解約すると10,000円以上の違約金がかかりますから、とても安いことが分かると思います。

3年も使わないかもしれない。。。という方は、解約の違約金が安い「BIGLOBE」がおすすめです。

 

\途中解約の違約金が安い!/

BIGLOBEを詳しく見る

※WiMAXが届いて8日間は返品できます。
※クレジットカードは必要ありません。
【2022完全版】損せずBIGLOBEから口座振替で申し込む方法を伝授