ちょっと待った!WiMAXはコンビニで払える!しかもキャッシュバックももらえる方法を伝授します!

WiMAXを契約しようと考えているけど、毎月の料金を

コンビニで払いたい

と、思っていませんか?

 

結論から言うと、WiMAXを申し込むときに、

□コンビニ払い

正式に選択できるプロバイダはありません。

 

というより、WiMAXのプロバイダは基本的にクレジットカード払いがほとんどで、いくつかのプロバイダが口座振替(銀行引き落し)に対応している形です。

 

ただし、ちょっとした抜け道でWiMAXをコンビニで支払うことは可能です。

 

コンビニで支払ができるプロバイダは、以下の3社です。

 

  • BIGLOBE WiMAX(ビッグローブワイマックス)
  • Broad WiMAX(ブロードワイマックス)
  • UQ WiMAX(ユーキューワイマックス)

しかし、それぞれキャッシュバックなどのキャンペーン内容がちがうので、適当に選んで申し込むと「数万円」も損します。

このページでは、WiMAXをコンビニで支払うことができるちょっとした抜け道と、どこで申し込めば「損」をしないかわかりやすくていねいに紹介していきます。

 

コンビニ払いにする方法

先ほどお伝えした通り、WiMAXの支払い方法に「コンビニ払い」というのは存在しません。

□クレジットカード

□口座振替(銀行引落し)

の2種類のみです。

 

では、どのようにしてコンビニ払いにするかを解説していきます。

ただし、少しだけ一般的なルールからずれるので、自己責任でお願いします。

 

①口座振替でWiMAXを申し込む

②口座振替の書類を1箇所あえてまちがえる

 

これだけです。

 

どういうことかと言うと、WiMAXだけではありませんが、銀行引落しの手続きが銀行側で完了するには、1ヶ月~2ヶ月くらいかかります。

 

では、申し込んでから口座振替の手続きが完了するまでのWiMAX料金はどうするかというと、その間はコンビニ支払専用の用紙が届くようになっているんです。

 

 

そして、口座振替の手続きが完了すれば銀行引落しが始まるわけですが、書類に不備があると絶対に引き落としは開始されません。

間違え方としては、自分の名前とか住所とかはまちがえにくいので「銀行印とちがう印鑑を押す」というのが、一般的にもよくある間違えなのでおすすめ?です。

 

そして、不備があれば修正箇所を訂正して、もう一度口座振替の依頼書を提出するわけですが、この書類を出さずにいるとずっとコンビニ支払の用紙が届くので、あとは毎月コンビニで払っていくだけです。

 

ちなみに、デメリットとしては手数料が150円かかることですが、口座振替でも手数料は同じくらいかかるのでコンビニ払いだけかかるわけではありません。

 

これが、WiMAXをコンビニ払いで申し込む方法です。

一応、出さないといけない書類をほったらかしにするので、最初にもお伝えした通り少しルールからは外れます。

ただし、ペナルティのようなものは一切ありません。

 

それでももし、後ろめたい気持ちが残る人は、シンプルに口座振替で申込みましょう。

内容的には手数料も同じで、自動的に引き落としされるのでむしろ楽です。

 

おすすめのプロバイダ

◎ユーキューワイマックス(UQ WiMAX)

 

◎ビッグローブ(BIGLOBE)

 

◎ブロードワイマックス(Broad WiMAX)

この3社です。

 

3社とも、まったく関係ない別の会社ですが、扱っているWiMAXはすべて同じ商品です

申し込むプロバイダによって、WiMAXの回線に「速い」「遅い」などもないですし、エリアもまったく同じです。

もちろん、機種のスペックも何も変わりません。

 

これは、どういうことかというとWiMAX自体は「UQ WiMAX」が仕切っているというか、開発して運営しています。

新しい電波塔を建てるのも、次にどんな機種を出すのか決めるのもここです。

ここ数年では、CMもよく流れています。

そして「UQ WiMAX」以外は販売代理店なので、扱っている商品自体はまったく同じなんです。

 

ただし、キャッシュバックや月額に大きなちがいがあるので、絶対に損をしないように条件面をしっかり見る必要があります。

 

口座振替の注意点とは?

口座振替で申し込むのに、いくつか注意点というか知っておかなければいけないことがあります。

 

①手数料が必要

毎月、請求書を発行する手数料などで3社とも月に200円の手数料がかかります。

②時間がかかる

申し込みはネットでできますが、銀行引き落としのため、その後に銀行印を押した書類を郵送したりするので、申し込みからWiMAXが自宅に届くまで10日~2週間くらいかかります。

③審査のようなものがある

口座振替で申し込みする場合は、スマホを新しく契約するときのような【審査】があります。

 

ただし、どこでお金をいくら借りているとか、クレジットカードで延滞やブラックリスト入りがあるとかそういった審査ではありません。

 

例えば、前にUQ WiMAXで格安スマホを契約していて、まだそのときのお金を払っていないとかであれば、同じUQ WiMAXはキビシイですが、

銀行口座や銀行印など、提出されて書類にまちがいはないか?

を確認するだけの、ほとんどの人が通る審査なので心配はいりません。

実質費用の比較

それでは、実際にかかる費用を比較してみましょう。

プロバイダによって、月額の割引期間やキャッシュバック額などが異なってきます。ここでは、それらを加味して計算した実質月額料金((「初期費用」+「端末代金」+「月額料金×契約期間」- 「キャッシュバックなど特典」)÷「契約期間」)で比較することで、実際にかかる費用を計算してみます。

【プロバイダ別価格比較】

端末代金やキャッシュバック、月額割引等を加味すると、最も料金が安くなるのは、BIGLOBEです。

もう一度書きますが、WiMAXはどこと契約しても、扱っているWiMAXはすべて同じ商品ですので、できるだけ安いところと契約した方がお得です。

\キャッシュバック15,000円/

BIGLOBEを詳しく見る

※クレジットカードは必要ありません
 

おすすめの機種は?

今からWiMAXを申し込むなら5G対応の最新ルーターでまちがいありません。

なんと言っても通信速度は光回線と同じで、他の端末だと3日で10GBで制限がかかるところを、5Gルーターの場合は3日で15GBまで使うことができます。

※2022年2月から、3日で15GBの制限は撤廃され、より快適に使うことができるようになりました!

デザインもまとまっていて持っているだけでテンションもあがります。 何よりいつもの通信環境がかなり快適になります。

5G対応ルーターは、これから本格的に広まっていって在庫が切れる可能性がありますので、機種が決まっているのであれば早めの申込みをおすすめします。

 

最新5Gルーター 超かんたん申し込み/

BroadWiMAXを詳しく見る

※WiMAXが届いて8日間は返品できます。
※クレジットカードは必要ありません。
 

ただし、単純な好みではなくて、このふたつには、

大きなちがい

がいくつかあるので、自分の合っている方を選ぶ必要があります。

 

先に結論を伝えると、おすすめは完全に「5G X11」です。

何より最新機種で通信速度も「下り最大2.7Gbps」と光回線の2倍以上になります。

また、メーカーも日本のNECなので安心感があります。

 

それではくわしく紹介していきます。

ちがい① 通信速度

どちらの機種も通信速度は申し分ありませんが、最新の「5G X11」は最大で光回線の約2.7倍の通信速度になっております。

もちろん最大の通信速度なので、いつもこの速度が出るわけではありませんが、持ち歩きできるWi-Fiルーターとしてはダントツに速い端末になります。

また5Gはこれからどんどん整備されますが、まだの地域だと自動的に4Gにつながります。

それでも下り最大758Mbpsの速度が出て、これまでのWiMAX端末の2倍近くあるので、かなり快適にインターネットを楽しむことができます。

 

さらに「5G X11」は「Wi-Fi 6」という規格に対応しています。

「Wi-Fi 6」とは、すごくかんたんに言うと「Wi-Fi」の「6代目」です。

 

「Wi-Fi 5」とのちがいは、

・同時に多くの人が使っても遅くならない
・情報の処理速度がこれまでの約4倍~10倍なのでサクサク動く
・つまり動画・ゲームがさらに快適に遊べる

 

これから、もっとインターネット回線は本格的に「5G」がスタンダードになります。

「5G」のすごい情報量をサクサク処理するのが「Wi-Fi 6」になります。

その両方の機能がついている「5G X11」はこれから大きな強みと言えます。

 

いずれにしても、無線のWiMAX1台で理論値とはいえ光回線の通信速度を大幅に超える時代がこんなに早く来るとは思っていませんでした。

通勤・通学などの外出するときはもちろん、自宅でもインターネットに接続するときは、ぜひ光回線を超えた通信速度をフルに活用してみてください。

このインターネット環境を装備したモバイルルーターは、もちろんWiMAXの「5G X11」だけなので、とても価値があります。

 

ちがい② 接続台数

WiMAXは長い間、最大の接続台数がほぼ10台まででしたが「5G X11」は16台まで増えました。

「Galaxy 5G」はこれまでと同じ、最大で10台までとなります。

たとえば、一人暮らしだと正直そんなに使わないですが、ゲーム機はもちろん、これからもWi-Fiに対応している家電なども増えていくので、接続台数が多いと余裕があって安心して使えます。

 

これも大きなポイントです。

ちがい③ 電池持ち

ただし、電池持ちは「Galaxy 5G」の方が長いです

もし、WiMAXにいちばん求めるものが電池持ちであれば「Galaxy 5G」を選んでもいいかもしれません。

ただ「5G X11」も、9時間30分連続でインターネットに接続できるのでモバイルルーターの電池持ちとしては本当に充分です。

 

また、1回家を出ても、会社・学校・カフェなどで充電できる環境であれば再充電できますし、モバイルバッテリーがあるならそれでまったく問題ありません。

選び方としては、とにかく圧倒的に電池持ちを重視するなら「Galaxy 5G」、そうでないなら最新で最速の「5G X11」を選んでまちがいありません。

通信速度も速くバランスのとれた機種で、何より「5G」がこれから本格的にスタンダードになっていく上で「Wi-Fi 6」にも対応して長く安心して使っていけます。

 

まとめ

クレジットカードがなくても、口座振替で申し込めるWiMAXのプロバイダは3社しかありません。

□UQ WiMAX

□BIGLOBE

□Brood WiMAX

 

この中でおすすめは、キャッシュバックもあり、実質月額がいちばん安いBIGLOBEです。

【プロバイダ別価格比較】

 

1位⇒BIGLOBE

月額の安さ
(5.0)
キャッシュバックの充実度
(5.0)
おすすめ度
(5.0)

クレジットカード無しで申し込めるプロバイダの中で、BIGLOBEは実質の料金がいちばん安く、キャッシュバックもあり、おすすめです。

\キャッシュバック15,000円/

BIGLOBEを詳しく見る

※クレジットカードは必要ありません
 

2位⇒UQWiMAX

月額の安さ
(4.0)
キャッシュバックの充実度
(4.0)
おすすめ度
(4.0)

クレジットカード無しで申し込めるプロバイダの中で、UQ WiMAXは2番目に実質料金がやすくなります。

キャッシュバックもありますが、選択する機種や、UQ mobile自宅セット割またはauスマートバリューへの加入の有無により、キャッシュバック額が以下のように異なります。(※最大の15,000円キャッシュバックはクレジットカードで申し込まないと適用されません。

<機種選択>

・「Speed Wi-Fi HOME 5G L11」または「Galaxy 5G Mobile Wi-Fi 」で申し込み ⇒ 5,000円キャッシュバック

・「Speed Wi-Fi 5G X11」または「Speed Wi-Fi HOME 5G L12」で申し込み ⇒ 3,000円キャッシュバック

 

<UQ mobile自宅セット割またはauスマートバリューへの加入>

・契約月から2か月以内にUQ mobile自宅セット割またはauスマートバリューへ申し込み ⇒ 3,000円キャッシュバック

UQ mobile自宅セット割、auスマートバリューについては、↓でも解説していますので、参考にしてみてください。

「WiMAX」×「スマホ」のカンペキな節約術!auスマートバリュー、自宅セット割についてわかりやすく解説!

\UQ mobile自宅セット割またはauスマートバリューへの申し込みでキャッシュバック/

UQ WiMAXを詳しく見る

※クレジットカードなしでも申し込みできます
 

3位⇒BroadWiMAX

月額の安さ
(3.0)
キャッシュバックの充実度
(1.0)
おすすめ度
(3.0)

何らかの理由でBIGROBEやUQ WiMAXで申し込めない場合、BroadWiMAXが最後の選択肢になります。

 

BroadWiMAXを詳しく見る

※WiMAXが届いて8日間は返品できます。
※クレジットカードは必要ありません。
 

これから、WiMAXがあれば、さらに『便利』な毎日を送れますね。

5G対応ルーターは、これから本格的に広まっていって在庫が切れる可能性がありますので欲しいひとはお早めに!

 

\キャッシュバック15,000円/

BIGLOBEを詳しく見る

※クレジットカードは必要ありません

【2022完全版】損せずBIGLOBEから口座振替で申し込む方法を伝授