【学生OK!】シンプルにWiMAXを未成年が契約する方法!キャッシュバックもきっちりもらおう!

WiMAXを申込みたいけど、未成年でも大丈夫なのか知りたいと思っていませんか?

結論を言えば未成年でも申し込めます。

ただし、プロバイダ(販売代理店)によって、

条件がバラバラ

なので、まず自分の状況に合っているところを探す必要があります。

自分名義のクレジットカードを持っているor持っていない

親の同意が取れるor取れない

 

などです。

ちなみに、“絶対に親の同意も取れない&自分名義のクレジットカードもない”状態だと20才未満でWiMAXを申し込めるところはありません。

クレジットカードを作るにも親の同意は必要なので、残念ですが詰んだことになります。

※ひとつだけ、結婚をしていると親の同意書がなくても20才未満でも申し込めます。

 

もし、そこらへんのハードルを越えられそうなら、お得なプロバイダを選ぶ必要があります。

なぜなら、WiMAXはどこで申し込んでも

同じ通信速度

同じエリア

なのに、申し込むプロバイダによって

月額がバラバラ

キャッシュバックもあったりなかったり

なので、テキトーに申し込んでしまうと4万円も損してしまうことが普通にあります。

 

ここでは、未成年でも申し込めるWiMAXの詳しい条件と、絶対に損をしない申込み方法を伝授していきます。

 

いちばん早いのは・・・

ただし、いちばん手っ取り早いのは、

 

「親のクレジットカードで申し込んでもらう」

です。

 

大学生になりたてのわが子にクレジットカードを作らせたり、わざわざ同意書を書いたり、自分名義で契約して毎月きちんと支払っていけるのか心配な親も多いはずです。

 

もし、そういうことを頼める関係なら名義を貸してもらってWiMAXを申し込んでもらいましょう。

 

その際、

どのように支払っていくか?

などをきちんとルールを決めておけば、スムーズに進んでいくかもしれません。

 

では、未成年の名義で申し込む方法を紹介していきます。

 

クレジットカードがなくても、未成年でも申し込めるプロバイダ

 

UQ WiMAX(ユーキューワイマックス)

UQ WiMAXは、親の同意書があれば「中学生」から「本人名義」で申し込むことができます。

正確には、小学校6年生の2月から申し込むことができます。

 

ただし、ここは未成年が申し込むには一番ハードルが高いプロバイダです。

なぜなら、

UQスポットなどの店舗に親と一緒に行く必要がある。

未成年の場合、UQ WiMAXではインターネットで申し込むことはできません。

こういうお店↓に親と一緒に行く必要が原則としてあります。

【18才以上のみ】どうしても親が同席できない場合は、その場で電話の確認が入る

ただし、「今日、親は仕事でー」というような理由だと「また一緒に来てください」と言われます。

「親と離れて暮らしている」など、本当にどうしようもない場合(UQ側が「それはしょうがない」と認めたとき)のみ、本人だけでも申込みは可能です。

その際、リアルタイムで親に確認の電話が入ります。

 

中学生や高校生ならわかりますが、18才や19才の大学生や専門学生も同じ条件になります。

 

さらに、UQWiMAXは必要な書類も他のプロバイダと比べてめちゃくちゃ多いです。

 

    ※以下、すべて必要

  • 未成年者本人の確認書類
  • 親の同意書
  • 親の本人確認書類

未成年者本人の確認書類は、

・運転免許証

・パスポート

・住民基本台帳カード(写真付のみ)

・健康保険証

のなかから1つです。

 

ちなみに、親権同意書はこんな形です。

 

さらに、家族である証明書まで必要なんです。

    ※以下のどちらか必要

  • 戸籍謄本
  • 住民票(続柄記載)

 

役所などに取りに行く必要もあるし、これはちょっと面倒くさいです。

さらには、月額もいちばん高く、キャッシュバックも安いので金額も高くつきます。

 

紹介しておいてなんですが、UQ WiMAXはあまりおすすめできません。

 

UQ WiMAXの公式ページはこちら

 

Broad WiMAX(ブロードワイマックス)

クレジットカードがなくても申し込めるもうひとつのプロバイダは、Broad WiMAXです。

ここは、未成年というか、

19才以上から申し込める

ので、18才以下の人は一切申し込めません。

 

19才が申し込むのに、必要な書類は「親の同意書」のみです。

 

BroadWiMAXは、店舗がなくインターネットのみの受付なので、もちろん19才でもネットから申し込めます。

提出する書類も少ないし、なんといっても月額が安いのでふつうにおすすめのプロバイダです。

 

ただ、せめて18才以上にしてくれればよかったのですが…。

19才の人であれば候補に入れておきましょう。

 

\クレジットカードは必要ありません/

BroadWiMAXを詳しく見る

※WiMAXが届いて8日間は返品できます。
 

クレジットカードが必要なプロバイダ

 

ぶっちゃけたハナシ、もしクレジットカードがあるならWiMAXの申し込みは一瞬です。

未成年でも申し込めるおすすめのプロバイダは以下の2つです。

 

ソネット(so-net)

ここは、ソニーの子会社です。

申込みそのものが「クレジットカードのみ」になります。

キャッシュバックはなく、月額も安いわけではないですが、親の同意書などは必要なく申し込むときにチェックを入れるだけです。

 

 

申し込みはめちゃくちゃ簡単ですが、あまりお得感はあまりありません。

「家でソネットの光回線を引いている」なら、合わせワザで少し安くなったりするので、当てはまるならソネットもありです。

 

ソネットWiMAXの公式ページはこちら

 

GMOとくとくBB

ここの特徴は、

高額なキャッシュバック

✔親の同意なし

と、メリットが多いので、もし自分名義のクレジットカードを持っているならまちがいなくGMOがおすすめです。

未成年であっても、18才以上なら親の同意などなしに普通にインターネットから申し込むことができます。

 

また、超一流企業なのでキャッシュバックがもらえなくなることもありません。

ダントツで人気ナンバーワンのプロバイダです。

 

ちなみにGMOとくとくBBは、以前は学生だけの割引キャンペーン(学割)を唯一実施していたプロバイダでした(今は実施していません)。

 

\くわしく見てみよう/

GMOとくとくBBを詳しく見る

 

【2022年最新版】損せずGMOとくとくBBでWiMAXを申し込む方法

未成年でも作りやすいクレジットカードとは?

 

もし、クレジットカードを作ることに親が反対していないなら、作ってしまうのが早いです。

クレジットカードはWiMAXの支払いだけではなく、使い方さえ間違わなければかなり便利なカードです。

 

ただ、20才未満がクレジットカードを作るには、それこそ「親の同意」が必要になります。

そこさえクリアできて、むちゃな買い物などをしない自信があるならクレジットカードの作成をおすすめします。

 

大学生でも、申込みやすいカードは「三井住友カード(NL)」というカードです。

クレジットカードに番号が書かれておらず(ナンバーレス)、専用のVpassアプリで管理する安全なカードで、セブンイレブン・ローソン・ファミリーマートのコンビニ3社とマクドナルドでの利用なら最大5%の還元が受けられます。

また、オンラインでカード発行ができるため、ネットで申し込んでから最短5分でカード番号を取得することができます

公式ページはこちら⇒https://www.smbc-card.com/nyukai/card/numberless.jsp

 

 

WiMAXが1台あれば、自宅でも学校でもギガ数をまったく気にすることなく動画を見たりできます。

家でPS4、PS5、Switchするときも活躍してくれるし、自分のインターネット周りがかなり便利なるので、本気でおすすめできるアイテムです。

おすすめの機種は?

今からWiMAXを申し込むなら5G対応の最新ルーターでまちがいありません。

なんと言っても通信速度は光回線と同じで、5Gルーターの場合は3日で15GBまで使うことができます。2022年2月から3日で15GBを使用した時の通信速度制限がなくなり、より快適に使用できるようになりました。

デザインもまとまっていて持っているだけでテンションもあがります。

何よりいつもの通信環境がかなり快適になります。

5G対応ルーターは、これから本格的に広まっていって在庫が切れる可能性がありますので、機種が決まっているのであれば早めの申込みをおすすめします。

\\高額キャッシュバック/

GMOとくとくBBを詳しく見る

※14時までは当日発送が可能です。
 

最新の5G対応モバイルルーターはふたつありますが、

単純な好みではなくて、このふたつには、

大きなちがい

がいくつかあるので、自分の合っている方を選ぶ必要があります。

 

先に結論を伝えると、おすすめは完全に「5G X11」です。

何より最新機種で通信速度も「下り最大2.7Gbps」と光回線の2倍以上になります。

また、メーカーも日本のNECなので安心感があります。

それではくわしく紹介していきます。

ちがい① 通信速度

どちらの機種も通信速度は申し分ありませんが、最新の「5G X11」は最大で光回線の約2.7倍の通信速度になっております。

もちろん最大の通信速度なので、いつもこの速度が出るわけではありませんが、持ち歩きできるWi-Fiルーターとしてはダントツに速い端末になります。

また5Gはこれからどんどん整備されますが、まだの地域だと自動的に4Gにつながります。

 

それでも下り最大758Mbpsの速度が出て、これまでのWiMAX端末の2倍近くあるので、かなり快適にインターネットを楽しむことができます。

さらに「5G X11」は「Wi-Fi 6」という規格に対応しています。

「Wi-Fi 6」とは、すごくかんたんに言うと「Wi-Fi」の「6代目」です。

「Wi-Fi 5」とのちがいは、

・同時に多くの人が使っても遅くならない
・情報の処理速度がこれまでの約4倍~10倍なのでサクサク動く
・つまり動画・ゲームがさらに快適に遊べる

これから、もっとインターネット回線は本格的に「5G」がスタンダードになります。

「5G」のすごい情報量をサクサク処理するのが「Wi-Fi 6」になります。

その両方の機能がついている「5G X11」はこれから大きな強みと言えます。

 

いずれにしても、無線のWiMAX1台で理論値とはいえ光回線の通信速度を大幅に超える時代がこんなに早く来るとは思っていませんでした。

通勤・通学などの外出するときはもちろん、自宅でもインターネットに接続するときは、ぜひ光回線を超えた通信速度をフルに活用してみてください。

このインターネット環境を装備したモバイルルーターは、もちろんWiMAXの「5G X11」だけなので、とても価値があります。

ちがい② 接続台数

WiMAXは長い間、最大の接続台数がほぼ10台まででしたが「5G X11」は16台まで増えました。

「Galaxy 5G」はこれまでと同じ、最大で10台までとなります。

たとえば、一人暮らしだと正直そんなに使わないですが、ゲーム機はもちろん、これからもWi-Fiに対応している家電なども増えていくので、接続台数が多いと余裕があって安心して使えます。

これも大きなポイントです。

ちがい③ 電池持ち

ただし、電池持ちは「Galaxy 5G」の方が長いです

もし、WiMAXにいちばん求めるものが電池持ちであれば「Galaxy 5G」を選んでもいいかもしれません。

 

ただ「5G X11」も、9時間30分連続でインターネットに接続できるのでモバイルルーターの電池持ちとしては本当に充分です。

 

また、1回家を出ても、会社・学校・カフェなどで充電できる環境であれば再充電できますし、モバイルバッテリーがあるならそれでまったく問題ありません。

 

選び方としては、とにかく圧倒的に電池持ちを重視するなら「Galaxy 5G」、そうでないなら最新で最速の「5G X11」を選んでまちがいありません。

 

通信速度も速くバランスのとれた機種で、何より「5G」がこれから本格的にスタンダードになっていく上で「Wi-Fi 6」にも対応して長く安心して使っていけます。

どこで申し込むのがいい?

新型コロナウイルスの影響を受け、リモートワークなどでWiMAX等の需要が急増しております。

 

そのため新規の受付を停止しているプロバイダもあるので、機種などが決まれば早めの申し込みがおすすめです。

 

WiMAXのプロバイダは20社以上ありますが、どこで申し込んでもWiMAX自体の速度はまったく同じですので、一番安いところで申し込むのが得をします。

WiMAXはプロバイダによって、基本月額や割引額、キャッシュバック額が異なっていますので、それらを加味した実質月額((「初期費用」+「端末代金」+「月額料金×契約期間」- 「キャッシュバックなど特典」)÷「契約期間」)を比較することで、どこが本当に安いのかがわかります。

20社以上のプロバイダを調べてみて、料金の面からおススメできるプロバイダは、次の3社しかありません。

本家の”UQ WiMAX”との比較表を次にまとめています。

【WiMAXプロバイダ別価格比較】

おすすめできるのは、

  • 実質月額料金が最も安い!GMOとくとくBB!
  • 他社の解約違約金を最大19,000円キャッシュバックしてくれる!BroadWiMAX!
  • 途中解約の違約金が安い!BIGLOBE!

の3社です。

 

おすすめのプロバイダ

【1位】GMOとくとくBB

実質の月額料金が最も安いプロバイダです。

14,000円のキャッシュバックがもらえ、さらに他では分割で支払うことが多い「端末代金」も無料です。

ちなみに5Gのキャッシュバックはいつまでやっているかわからないので、決まれば早めの申込みがおすすめです。

 

さらに、他社から乗り換えで違約金がかかる場合は、23、000円のキャッシュバックがついてきます(ただし、14,000円の通常のキャッシュバックとは併用できません)。

この場合は、通常のキャッシュバックよりも、最大9,000円もお得になります。

 

\実質料金が最安!/

GMOとくとくBBを詳しく見る

※14時までは当日発送が可能です。
※WiMAXが届いて8日間は返品できます。
 

【2022年最新版】損せずGMOとくとくBBでWiMAXを申し込む方法

 

【2位】Broad WiMAX(ブロードワイマックス)

実質月額料金は「GMOとくとくBB」より少し高めですが、ここの特徴は、他社から乗り換えるときにかかる解約の違約金を最大19,000円キャッシュバックしてくれることです。

他社のWiMAXだけでなく、モバイルWi-Fiや光回線などもキャッシュバックの対象になります。

他社からの乗り換えを考えている人は、BroadWiMAXがおすすめです。

 

\他社違約金を最大19,000円キャッシュバック!/

Broad WiMAXを詳しく見る

※WiMAXが届いて8日間は返品できます。
※クレジットカードは必要ありません。
 

【WiMAX】機種選びに失敗!でも「違約金なし」で「すぐ」機種変更できた裏ワザとは!?

 

【3位】BIGLOBE(ビッグローブ)

BIGLOBEの特徴は、途中解約の違約金が非常に安く、1~12ヵ月目で1,100円、13ヵ月目以降は0円と、他社と比べて大幅に安くなっていることです。

「GMOとくとくBB」や「Broad WiMAX」では3年以内に解約すると10,000円以上の違約金がかかりますから、とても安いことが分かると思います。

3年も使わないかもしれない。。。という方は、解約の違約金が安い「BIGLOBE」がおすすめです。

 

\途中解約の違約金が安い!/

BIGLOBEを詳しく見る

※WiMAXが届いて8日間は返品できます。
※クレジットカードは必要ありません。
【2022完全版】損せずBIGLOBEから口座振替で申し込む方法を伝授