【学生OK!】シンプルにWiMAXを未成年が契約する方法!キャッシュバックもきっちりもらおう!

WiMAXを申込みたいけど、未成年でも大丈夫なのか知りたいと思っていませんか?

結論を言えば未成年でも申し込めます。

ただし、プロバイダ(販売代理店)によって、

条件がバラバラ

なので、まず自分の状況に合っているところを探す必要があります。

自分名義のクレジットカードを持っているor持っていない

親の同意が取れるor取れない

 

などです。

ちなみに、“絶対に親の同意も取れない&自分名義のクレジットカードもない”状態だと20才未満でWiMAXを申し込めるところはありません。

クレジットカードを作るにも親の同意は必要なので、残念ですが詰んだことになります。

※ひとつだけ、結婚をしていると親の同意書がなくても20才未満でも申し込めます。

 

もし、そこらへんのハードルを越えられそうなら、お得なプロバイダを選ぶ必要があります。

なぜなら、WiMAXはどこで申し込んでも

同じ通信速度

同じエリア

なのに、申し込むプロバイダによって

月額がバラバラ

キャッシュバックもあったりなかったり

なので、テキトーに申し込んでしまうと4万円も損してしまうことが普通にあります。

 

ここでは、未成年でも申し込めるWiMAXの詳しい条件と、絶対に損をしない申込み方法を伝授していきます。

 

いちばん早いのは・・・

ただし、いちばん手っ取り早いのは、

 

「親のクレジットカードで申し込んでもらう」

です。

 

大学生になりたてのわが子にクレジットカードを作らせたり、わざわざ同意書を書いたり、自分名義で契約して毎月きちんと支払っていけるのか心配な親も多いはずです。

 

もし、そういうことを頼める関係なら名義を貸してもらってWiMAXを申し込んでもらいましょう。

 

その際、

どのように支払っていくか?

などをきちんとルールを決めておけば、スムーズに進んでいくかもしれません。

 

では、未成年の名義で申し込む方法を紹介していきます。

 

クレジットカードがなくても、未成年でも申し込めるプロバイダ

 

UQ WiMAX(ユーキューワイマックス)

UQ WiMAXは、親の同意書があれば「中学生」から「本人名義」で申し込むことができます。

正確には、小学校6年生の2月から申し込むことができます。

 

ただし、ここは未成年が申し込むには一番ハードルが高いプロバイダです。

なぜなら、

UQスポットなどの店舗に親と一緒に行く必要がある。

未成年の場合、UQ WiMAXではインターネットで申し込むことはできません。

こういうお店↓に親と一緒に行く必要が原則としてあります。

【18才以上のみ】どうしても親が同席できない場合は、その場で電話の確認が入る

ただし、「今日、親は仕事でー」というような理由だと「また一緒に来てください」と言われます。

「親と離れて暮らしている」など、本当にどうしようもない場合(UQ側が「それはしょうがない」と認めたとき)のみ、本人だけでも申込みは可能です。

その際、リアルタイムで親に確認の電話が入ります。

 

中学生や高校生ならわかりますが、18才や19才の大学生や専門学生も同じ条件になります。

 

さらに、UQWiMAXは必要な書類も他のプロバイダと比べてめちゃくちゃ多いです。

 

    ※以下、すべて必要

  • 未成年者本人の確認書類
  • 親の同意書
  • 親の本人確認書類

未成年者本人の確認書類は、

・運転免許証

・パスポート

・住民基本台帳カード(写真付のみ)

・健康保険証

のなかから1つです。

 

ちなみに、親権同意書はこんな形です。

 

さらに、家族である証明書まで必要なんです。

    ※以下のどちらか必要

  • 戸籍謄本
  • 住民票(続柄記載)

 

役所などに取りに行く必要もあるし、これはちょっと面倒くさいです。

さらには、月額もいちばん高く、キャッシュバックも安いので金額も高くつきます。

 

紹介しておいてなんですが、UQ WiMAXはあまりおすすめできません。

 

UQ WiMAXの公式ページはこちら

 

Broad WiMAX(ブロードワイマックス)

クレジットカードがなくても申し込めるもうひとつのプロバイダは、Broad WiMAXです。

ここは、未成年というか、

19才以上から申し込める

ので、18才以下の人は一切申し込めません。

 

19才が申し込むのに、必要な書類は「親の同意書」のみです。

 

BroadWiMAXは、店舗がなくインターネットのみの受付なので、もちろん19才でもネットから申し込めます。

提出する書類も少ないし、なんといっても月額が安いのでふつうにおすすめのプロバイダです。

 

ただ、せめて18才以上にしてくれればよかったのですが…。

19才の人であれば候補に入れておきましょう。

 

\クレジットカードは必要ありません/

Broad WiMAX公式サイト

 

クレジットカードが必要なプロバイダ

 

ぶっちゃけたハナシ、もしクレジットカードがあるならWiMAXの申し込みは一瞬です。

未成年でも申し込めるおすすめのプロバイダは以下の2つです。

 

ソネット(so-net)

ここは、ソニーの子会社です。

申込みそのものが「クレジットカードのみ」になります。

キャッシュバックはなく、月額も安いわけではないですが、親の同意書などは必要なく申し込むときにチェックを入れるだけです。

 

 

申し込みはめちゃくちゃ簡単ですが、あまりお得感はあまりありません。

「家でソネットの光回線を引いている」なら、合わせワザで少し安くなったりするので、当てはまるならソネットもありです。

 

ソネットWiMAXの公式ページはこちら

 

GMOとくとくBB

ここの特徴は、

高額なキャッシュバック

✔親の同意なし

と、メリットが多いので、もし自分名義のクレジットカードを持っているならまちがいなくGMOがおすすめです。

未成年であっても、18才以上なら親の同意などなしに普通にインターネットから申し込むことができます。

 

また、超一流企業なのでキャッシュバックがもらえなくなることもありません。

ダントツで人気ナンバーワンのプロバイダです。

 

\くわしく見てみよう/

GMOとくとくBB公式サイト

 

未成年でも作りやすいクレジットカードとは?

 

もし、クレジットカードを作ることに親が反対していないなら、作ってしまうのが早いです。

クレジットカードはWiMAXの支払いだけではなく、使い方さえ間違わなければかなり便利なカードです。

 

ただ、20才未満がクレジットカードを作るには、それこそ「親の同意」が必要になります。

そこさえクリアできて、むちゃな買い物などをしない自信があるならクレジットカードの作成をおすすめします。

 

大学生でも、申込みやすいカードは「三井住友デビュープラス」という学生向けのカードです。

 

 

18才~25才(高校生はダメ)までしか申し込めない、クレジットカードデビューする専門のカードになっています。

申込みからカードが発行されるまでも速いので、おすすめです。

公式ページはこちら⇒https://www.smbc-card.com/nyukai/card/debutplus.jsp

 

 

WiMAXが1台あれば、自宅でも学校でもギガ数をまったく気にすることなく動画を見たりできます。

家でゲームをするときも活躍してくれるし、自分のインターネット周りがかなり便利なるので、本気でおすすめできるアイテムです。

おすすめの機種は?

スマホほどではありませんが、WiMAXは機種を選ぶことができます。

そして今から、WiMAXを申し込むなら「W06」か「WX06」でまちがいありません。

ただし、単純な好みではなくて、このふたつには、

 

大きなちがい

 

がいくつかあるので、自分の合っている方を選ぶ必要があります。

 

先に結論を伝えると、新しいのは「WX06」ですが、おすすめは完全に「W06」です。

それではくわしく紹介していきます。

 

ちがい① 通信速度

 

新しい「W06」は、ついに光回線の通信速度を超えています。

回線の種類 通信速度(下り最大)
WiMAX「W06」 1.2Gbps(1237Mbps)
光回線 1Gbps(1000Mbps)
WiMAX「WX06」 440Mbps

と、言っても光回線の速度を超えるには「W06」本体とパソコンなどをUSBで有線で接続したときだけなので、ふつうに無線でインターネットにつなぐときは下り最大867Mbpsになります。

もちろん、それでも「WX06」の2倍近くあるすごい速度なので、かなり快適にインターネットを楽しむことができます。

 

どちらにしても、WiMAX1台で理論値とはいえ光回線の通信速度を超えるときが来るとは思ってもなかったので、自宅などでUSBを使ってインターネットに接続するときは、ぜひ光回線超えをフルに活用してみてください。

 

この通信速度が出るモバイルルーターは、もちろんWiMAXの「W06」だけなので、とても価値があります。

 

ちがい② 接続台数

WiMAXは長い間、最大の接続台数が10台まででしたが「W06」は16台まで増えました。

W06 WX06
最大16台まで 最大10台まで

一人暮らしだと正直そんなに使わないですが、ゲーム機はもちろん、これからもWi-Fiに対応している家電なども増えていくので、接続台数が多いと余裕があって安心して使えます。

これも大きなポイントです。

 

ちがい③電池持ち

ただし、電池持ちは「WX06」の方が少し長いです。

もし、WiMAXにいちばん求めるものが電池持ちであれば「WX06」を選んでもいいかもしれません。

 

ただ「W06」も、バッテリーセーブモードで12時間近く連続でインターネットに接続できるので電池持ちとしても本当に充分です。

 

選び方としては、とにかく電池持ちを重視するなら「WX06」、そうでないなら人気の「W06」を選んでまちがいありません。

通信速度も速くバランスのとれた機種で、これから長く安心して使っていけます。

 

どこで申し込むのがおすすめ?

 

WiMAXを申し込むのに本当に自信を持っておすすめできるプロバイダは以下の2社です。

 

キャッシュバックキャンペーンを選ぶなら!

GMOとくとくBB

GMOはキャッシュバックが1年を通じて業界ナンバーワンです。

ちなみに9月のキャッシュバックは1年で最も高い時期です。

⇒GMOを詳しく見る

 

月額が安いキャンペーンを選ぶなら!

Broad WiMAX(ブロードワイマックス)

ここの特徴はキャッシュバックがない分、月額が他より1,000円近く安く設定されています。また、クレジットカードがなくてもWiMAXを申し込める貴重なプロバイダです。

⇒BroodWiMAXを詳しく見る

 

この2社の中で、自分に合っている方で申し込めば、絶対に「損」はしません。

 

もちろん、どちらもWiMAXの端末は無料です。

GMOとくとくBBが合うひと

□高額なキャッシュバックが欲しい!

□とにかく安くWiMAXを使いたい!

これに尽きます。

また、GMOは申し込んで20日まではキャンセルができる唯一のプロバイダなので安心です。

\高額なキャッシュバックをもらうなら/

GMOとくとくBB公式サイト

Broad WiMAXが合うひと

□毎月の月額を少しでも安くおさえたい!

□クレジットカードを使いたくない!

という方です。

 

最初から月額が安くしてあるので、申し込んだ後に手続きが必要ないので安心です。

また、銀行引き落としでも申し込めるプロバイダなのでクレジットカードを使わなくても申し込めるのも特徴です。

\毎月の月額をリアルに安くしたいなら/

Broad WiMAX公式サイト