【WiMAX】LTEオプションって必要ない?無料でも使いたくない理由とは? 

ふつうの人
WiMAXのLTEってあった方がいいんかな~?
WiMAX先生
君、顔ないで。
ふつうの人
あんたもや。そんなことよりWiMAXのLTEオプションってあった方がいいですか??
WiMAX先生
いい質問やね。今年の6月から無料にもなってるしね。
ふつうの人
あ、そうだった。じゃああった方がいいのか。
WiMAX先生
いやいや、ところがそうとも限らへんねん。これはWiMAXの機種を選ぶのにめちゃくちゃ大事なポイントになってくるから、ちょっとわかりやすく解説していくわ。
ふつうの人
ほな、そうしてもらおか。
WiMAX先生
なんで上からなん。

2019年現在、WiMAXには使える電波が2種類あります。

WiMAX2+(以降WiMAXと省略)

au 4G LTE

です。

メインのWiMAXの電波は、発売されているすべての端末で使える電波です。

ただ、もうひとつの「au 4G LTE」の電波は機種によって、

 

使える機種と使えない機種

 

があるので、見た目のみで選んでしまうと後でめちゃくちゃ後悔することになります。

快適にWiMAXを使いこなせるように、この記事で自分にLTEオプションが必要かどうかを必ずわかるようにわかりやすく紹介していきます。

まずLTEオプションって?

LTEオプションをめちゃくちゃかんたんに言うと、

 

auのケータイ電話と同じ電波です。

 

 

WiMAXも、2019年現在では都市部での人口カバー率は99%、日本全体でも94%になっていますが、やはり人口カバー率ほぼ100%の「au」の電波にはなかなか勝てません。

 

 

この、「au 4G LTE」の電波をWiMAXを通して使って、インターネットにつなぐオプションを、

 

LTEオプション

 

と、いいます。

 

 

どんなときに使う??

 

LTEオプションの強みが出るのは「地下鉄」「地下街」です。

 

 

WiMAXも、「地下鉄」「地下街」には力を入れており、特に地下街に関しては問題なくつながるところが多いですし、地下鉄も今まさに広げているところなんですが、

 

 

これも、やはり今のところauの電波には勝てません。

 

毎日、地下鉄に乗る人や地下街で仕事をしている人などは、あると便利なオプションです。

 

 

もうひとつは、WiMAXでカバーしきれていない、かなりの山奥や小さい離島などでも、LTEオプションであれば、auの電波でネットにつなぐことができます。

 

 

ふつうの人
おお!LTEオプションすごいじゃないですか!絶対あったほうがいいですやん!!!
WiMAX先生
パッと聞いたら絶対そう思うねんけど、実はメリットと同じくらいデメリットもあんねん。
ふつうの人
あっ、そうなんですか??
WiMAX先生
うん。まずこのLTEオプションは有料で、使った月は1,005円プラスで払わなあかんねん。
ふつうの人
あっ、お金かかるんや…。
WiMAX先生
うん。それはまぁいいとして、このLTEオプションは7ギガまでしか使われへんねんな~。
ふつうの人
あ~、月1,005円かかるけど、7ギガまでの制限があるわけか…。それを越えたらWiMAXと同じ1Mbps前後(youtubeが見れる程度)の速度になるんですか?
WiMAX先生
ちゃうねん。やっぱり「au」の電波やから、7ギガ越えるとスマホと同じで128Kbps(遅すぎて何もできないあのやつ)になんねん。
ふつうの人
ああ、スマホの速度制限と同じやったらぜんぜんあきませんね…。
WiMAX先生
そうやねん。あの遅さはみんな知ってると思うけど地図を表示すんのに10分くらいかかるで…。
ふつうの人
それはつらい。
WiMAX先生
そうやろ?でも実はもっと×100つらいことがあんねん。
ふつうの人
なんやなんや?ざわざわ…。

 

LTEオプションは、あれば便利なところもありますが、

 

□月1,005円かかる

□7GBまでの容量制限がある

 

のデメリットがあります。

 

しかし、いちばんおそろしいデメリットは、もしLTEで7ギガを越えて速度制限になった場合、

 

WiMAXの方も道連れで速度制限に入るんです!

 

しかも、制限後の速度もLTEと同じ128Kbpsになります!!!!!

 

ふつうの人
えええええええええええええええええええええ!!!!!!!!!!!!!!
WiMAX先生
えぐいやろ?しかも解決方法はないねん。お金を払うとかそんなんもないねん。ただただ来月になるのを待つだけ。
ふつうの人
これはほんまにえげつない!!!LTEとWiMAXとまったく別々の電波やのに!!!
WiMAX先生
そうやねんけど、道連れで速度制限になんねん。しかも128Kbpsやからほんまに何にもできひん。
ふつうの人
貞子なんかよりぜんぜん怖い話や…。
WiMAX先生
そうやで。だからもしLTEオプションが必要なひとでも絶対に7ギガは越えないようにめちゃめちゃ通信量に気を使わなあかんで。
ふつうの人
は~~~~い…。
WiMAX先生
あっ、そうそう、でもLTEオプション自体が無料になるプランはあんねんで。
ふつうの人
どんなプランですか??

 

無料になる条件

LTEオプションが無料になる条件はこれです。

 

□3年しばりのプランに入ること

 

です。

 

ただし、3年しばりのプランは、1度契約すると3年間機種変更もできないので、絶対にLTEオプションが必要な人でないかぎりおすすめできません。

 

だいたいみんな2年で最新機種に変更するので、そんななか自分だけもう1年古い機種を使うのは、意外につらいです。

 

最近のWiMAXは新しい機種が出るごとに、おそろしく通信速度が上がっていたり、魅力的な機能も追加されているのでなおさらです。

 

あとよくあるのが、「無料だから~」といってちょっとLTEオプションを使って、そのままWiMAXに戻すのを忘れて気がつけば7GBを越えてしまった!!!

 

という悲劇もあるので、要注意です。

 

しかし、確実に毎月LTEオプションを使う予定のひと、絶対に7GBを超えないように通信量を管理できるひとであれば、この3年プランは価値があると思います。

 

 

ただし、しつこいようですが、黄色の線でも引いてあるように「道連れの速度制限」だけは気をつけてください!

 

結局、LTEオプションが必要なひと、必要ないひと。

【LTEオプションが必要なひと】

□1日で地下鉄に乗ってる時間が長いひと

□地下街で働いているひと

□山深い山間部へしょっちゅう行くひと

 

【LTEオプションは必要ないひと】

□上記にあてはまらないひと全員

 

ふつうの人
すごくあっさりしてますけど、こんな感じでいいんですか?
WiMAX先生
でも、ほんまにこれ以外ない。本当に何回も言うけど「7ギガ越えたときの道連れ速度制限」があるので、本当の本当にLTEオプションが必要なひと以外はまじでさわらない方がいいです。
ふつうの人
そう言われると、わたしは地下鉄に乗ってるのも10分くらいやし、そんなWiMAXが圏外な程のめちゃくちゃにも行かへんから、必要ないなぁ。
WiMAX先生
そうそう。LTEオプションって実際ほとんどのひとがまず使わへんねん。そこんとこよーく考えて機種えらんでや!
ふつうの人
りょうかいです!

 

機種選び

 

自分の生活スタイルを振りかえって、「LTEオプション」が絶対に必要であれば「W04」、そうでないなら「WX03」を強くおすすめします。

 

ちがい① クレードル

WX03をおすすめする理由は、クレードルにあります。

クレードルとは、充電する台座のようなものですが、実はこれがあると固定回線と同じように、LANケーブルで「有線接続」ができるんです。

そして、このWX03には、このクレードルに「拡張アンテナ」といってポケットWiFiで唯一、アンテナが内蔵されているんです!

正式には「3直交偏波アンテナ」というそうですが、

部屋のなかでも、めちゃくちゃ電波をひろってくれます!

これで、ひかり回線の代わりなども余裕でできるので、通信費の大幅な節約にもなります。

このクレードルは「WX03」だけなので、とても価値があるんですねぇ。

すでに品薄になりかけているシロモノです。

 

ちがい② 電池持ち

ポケットWiFiは基本的に外にいるときに使うものなので「電池持ち」はとても大事です。

 

この電池持ちが「W04」はかなり弱いです。

 

デザインはとてもいいだけにもったいないですねぇ。

バッテリーセーブモードだと、2時間もちがってくるのでかなり大きいです。

またフル充電で12時間以上、連続通信できるのも「WX03」だけです。

 

WX03の優先販売はここから

どこで申し込むのがおすすめ?

WiMAXを申し込むのに、身内にも自信を持っておすすめできるプロバイダはこの2社です。

 

□Broad WiMAX(ブロードワイマックス)

ここの特徴はキャッシュバックがない分、月額が他より1,000円近く安く設定されています。また、クレジットカードがなくてもWiMAXを申し込める貴重なプロバイダです。

 

□GMOとくとくBB

キャッシュバックが1年を通じて30,000円前後と、ぶっちぎりで業界ナンバーワンです。ちなみに7月のキャッシュバックは1年で最も高い時期です。

 

この2社の中で、自分に合っている方で申し込めば、絶対に「損」はしません。

 

GMOとくとくBBが合うひと

□高額なキャッシュバックが欲しい!

 

これに尽きます。他と1万円以上差があります。

ただし、GMOだけではありませんがこのキャッシュバックがもらえるのは1年後です。
しかも、自動的に振り込まれるわけではありません。

 

①申し込んで11ヵ月後にメールが来る

②そのメールに口座情報を入力して返信する。

③その翌月に振り込まれる。

 

このときのポイントが、いつも使ってるメールアドレスじゃなくて、GMOに申し込んだときにもらえる専用のメールアドレスに来るので、見逃してしまう確率が高いということです。

 

返信する期限は1ヶ月で、それをこえるとキャッシュバックの権利が失われます…。

 

GMOで申し込む人は絶対に忘れないよう、メールが来るタイミングをスケジュールに必ず記入しておきましょう!

 

30,000円ですから!

 

GMOの公式ページはこちら

 

Broad WiMAXが合うひと

□毎月の月額を安くおさえたい!

□クレジットカードを使いたくない!

□キャッシュバックは絶対忘れそう…。

 

という方です。

 

特に、WiMAX業界のキャッシュバックのシステムだと「絶対忘れる自信がある」という方にはおすすめです。

 

正直、申し込むときも目立った特典はありませんが、最初から月額が安くしてあるので、とにかく安心です。

なぜ安いかというと、Broad WiMAXは派手な広告や、リアル店舗はもちろん家電量販店での販売もしていません。

つまり、人件費や広告費を大幅に抑えているので安い月額が実現しています。

 

さらに、Broad WiMAXは、

◎WiMAXの本体無料

◎即日配送対応(平日は16時、土日祝は12時までの申し込み)

◎8日間キャンセルOK

 

など、メリットが多いです。
さらにいまなら初期費用18,857円が無料のキャンペーンをやっています。

 

 

このキャンペーンは、いつ終わるかわからないので、プロバイダが決まれば早めの申し込みをおすすめします。

 

これから、WiMAXでさらに『便利』な毎日を送れますね。

 

ちなみに、人気のWX03はすでに「在庫切れ」のプロバイダも出ていますので、欲しいひとはお早めに!

 

 

https://broadwimax.jp