ポケットWifiは契約したらダメ!?本当に安くて使い放題なのは○○だった!

ポケットWiFiが欲しいけど、

□月間使い放題(無制限)

□しかも安い

ところがないかなぁ?

 

と探していませんか?

 

最近は、パソコンだけでなく、スマートフォンやタブレットと、インターネット通信をする電子機器が増えてきました。

 

いま、ほとんどの人はインターネットの通信料を毎月払っていると思います。

 

やはり毎月のことなので、誰だって月額料金は安いほうがいいと考えるのが当たり前ですよね。

ただし「安いけど7ギガまでしか使えない」とか、月間のギガ数に制限があるのはいまの時代には人気がありません。

あっという間に使っちゃいますからね。

そう考えていくと、インターネット通信料金は、使い放題のポケットWifiを利用してそれに一本化するのが最もおススメです。

 

とはいえ、いろいろな会社があるため、どれを選んだらいいのかよくわからないという人も多いと思います。

 

 

そこで、今回はポケットWifiの料金とギガ数をわかりやすく比較しました。

この記事を読んでもらえれば、どこを選べばいちばんお得にインターネットが活用できるのかわかると思います!

 

ポケットWifiの月額ってどのくらい?

早速、ポケットWifiの月額料金についてみていきましょう。

ポケットWifiと検索すると、ネクストモバイル、YahooWifi、そしてY!mobileという3つの会社が出てきます。この3つの料金と特徴についてみていきましょう。

ネクストモバイルは使い放題というわけではありませんが、20GBと30GBを上限にしたポケットWifiです。

 

月々の料金は、20GBで2,760円、30GBで3,490円となっています。

20GBで2,760円は3,000円を切っていて安そうに見えますが、結局上限があるのでネクストモバイルはおすすめできません。

また、20GBや30GBが上限だと、毎日何かしらの動画を見る人だと、

 

絶対に足りません

 

早ければ月が始まって1週間前後で使い切るようなギガ数です。

 

毎日、移動中などに少しWebサイトを見るだけの人ならギリギリ足りるかもしれませんが、どっちにしてもこれから新しくポケットWiFiを申し込むのに、上限があるところはまちがいなくおすすめできません。

 

続いてYahooWifiを見ていきましょう。

 

 

「おー、1,980円は安いなー!」と思う人も多いと思いますが、これはなんと、

 

月に5GBまで

 

なんです。

 

動画を見続けていると2日くらいで使い切るひともいるような容量なので、それで1,980円はめちゃくちゃ高いです。

 

さらに、この5GBまでの契約だとYahoo!プレミアムに強制的に加入させられるので、この料金が月額462円かかります。

つまり、実質2,442円です。

 

他にいくら使っても速度制限のかからない容量無制限の契約もあって、無制限のほうは4,380円です。

 

使い放題の料金としては、高くもないし安くもありません。

 

ただし、この無制限はエリアが限られていて下の図でいうと「青いところのみ」なんです。

 

 

ほとんどが都市部のエリアで、「赤いエリア」に住んでる人たちは、

 

月に7GBまで

 

なんです。

 

つまり、使い放題で申し込んだのに、青いエリア以外に住んでると強制的に7GBまでになってしまいます。

これは、かなりつらいですよね。

 

ちょっとこのYahooWifiもほとんどメリットがないので、おすすめできません。

 

最後にY!mobileの料金はどうでしょうか。

キホンの契約が7GBまでで3,696円と、かなり強気な金額になっています。

 

また、それを無制限にするオプションが月々684円でつけられますが、ここは会社の名前の通りソフトバンクの回線を使っているので、YahooWifiとエリアがまったく同じなんです。

 

つまり、青いエリア以外の人は結局「7GB」までになってしまいます。

 

もう一度載せます。

 

 

基本料金の3,696円に684円を足して4,380円支払っても、青いエリアの人以外は7GBまでです。

 

料金的には「ふつう」ですが、Y!mobileにする決定的なメリットは何ひとつ見当たりません。

 

ちなみに、ここで紹介した3社はすべてソフトバンクの回線をつかっています。

 

ポケットWi-Fiの料金はどれくらいがいいの?

もちろん、使い放題で安ければいいのですがいままで見てきたように、

 

□安いけど5GBまで、7GBまでなどの上限があるパターン

□光回線と同じように、4,500円円前後で使い放題だけどエリアが限られているパターン

 

しかありませんでした。

 

この2つのなかから無理やり選ぶというには、本当にむずかしいです。

 

他に解決法はないのでしょうか?

 

ポケットWi-FiとWiMAX

 

ポケットWifiをインターネットなどで調べていくと必ず比較対象とされるのがWiMAXです。

 

 

ただし実は、WiMAXはポケットWi-Fiではありません。

 

ポケットWi-FiとはY!mobileの商品名なので、ざっくり分けるとソフトバンクの回線を使っているモバイルルーターをポケットWi-Fiといいます。

 

意味もわかりやすいし、なんだかゴロもいいのでいつのまにかモバイルルーター全般のことを「ポケットWi-Fi」と呼ぶようになっていたのです。

 

では、WiMAXはどういった料金などになっているのでしょうか??

 

WiMAXとは?

ポケットWifiの契約を見てみると、ほとんどの場合で通信容量に限度がありました。

 

ただ、WiMAXであれば月間の通信容量に上限はありません。

3日で15GB以上使えば次の日に6時間だけ速度制限がかかるシステムなので、実質使い放題です。

もちろん、エリアによってちがいもありませんし、yahooのポケットWi-Fiと比較してもエリアそのものも広いです。(上がWiMAX)

 

では、料金的にはどうでしょうか??

 

WiMAXの契約は、プランというよりも会社と契約することになります。

様々なプロバイダーがあり、そこから自分の好きなプロバイダーを選んで契約することが出来るのです。

一般的なWiMAXの契約では、使い放題のギガ放題と呼ばれる契約で月額4,380円。しかし、最安値だけで見ると、月額2,726円という契約があったり、あるいは1万円を越える高額のキャッシュバックがついていたりするため、どこで申し込むかによって特典の内容が全然ちがいます。

 

また、通信速度もWiMAXは下り最大2.7Gbpsという速度なので、かなり快適にネットにつなぐことができます。

 

 

速度や通信エリア、そして何よりも無制限でインターネットを使えるWiMAXが、値段でもポケットWifiより安いのであれば、WiMAXが2歩も3歩もリードしているサービスであるということがわかると思います。

 

WiMAXで契約するならどの機種がいい?

今からWiMAXを申し込むなら5G対応の最新ルーターでまちがいありません。

なんと言っても通信速度は光回線と同じで、他の端末だと3日で10GBで制限がかかるところを、5Gルーターの場合は3日で15GBまで使うことができます。2022年2月から3日で15GBを使用した時の通信速度制限がなくなり、より快適に使用できるようになりました。

デザインもまとまっていて持っているだけでテンションもあがります。

何よりいつもの通信環境がかなり快適になります。

5G対応ルーターは、これから本格的に広まっていって在庫が切れる可能性がありますので、機種が決まっているのであれば早めの申込みをおすすめします。

\最新5Gルーター 超かんたん申し込み/

BroadWiMAXを詳しく見る

※WiMAXが届いて8日間は返品できます。
※クレジットカードは必要ありません。
 

5G対応のモバイルルーターは二つありますが、

単純な好みではなくて、このふたつには、

大きなちがい

がいくつかあるので、自分の合っている方を選ぶ必要があります。

 

先に結論を伝えると、おすすめは完全に「5G X11」です。

何より最新機種で通信速度も「下り最大2.7Gbps」と光回線の2倍以上になります。

また、メーカーも日本のNECなので安心感があります。

それではくわしく紹介していきます。

 

ちがい① 通信速度

どちらの機種も通信速度は申し分ありませんが、最新の「5G X11」は最大で光回線の約2.7倍の通信速度になっております。

もちろん最大の通信速度なので、いつもこの速度が出るわけではありませんが、持ち歩きできるWi-Fiルーターとしてはダントツに速い端末になります。

また5Gはこれからどんどん整備されますが、まだの地域だと自動的に4Gにつながります。

それでも下り最大758Mbpsの速度が出て、これまでのWiMAX端末の2倍近くあるので、かなり快適にインターネットを楽しむことができます。

 

さらに「5G X11」は「Wi-Fi 6」という規格に対応しています。

「Wi-Fi 6」とは、すごくかんたんに言うと「Wi-Fi」の「6代目」です。

 

「Wi-Fi 5」とのちがいは、

・同時に多くの人が使っても遅くならない
・情報の処理速度がこれまでの約4倍~10倍なのでサクサク動く
・つまり動画・ゲームがさらに快適に遊べる

 

これから、もっとインターネット回線は本格的に「5G」がスタンダードになります。

「5G」のすごい情報量をサクサク処理するのが「Wi-Fi 6」になります。

その両方の機能がついている「5G X11」はこれから大きな強みと言えます。

 

いずれにしても、無線のWiMAX1台で理論値とはいえ光回線の通信速度を大幅に超える時代がこんなに早く来るとは思っていませんでした。

通勤・通学などの外出するときはもちろん、自宅でもインターネットに接続するときは、ぜひ光回線を超えた通信速度をフルに活用してみてください。

このインターネット環境を装備したモバイルルーターは、もちろんWiMAXの「5G X11」だけなので、とても価値があります。

 

ちがい② 接続台数

WiMAXは長い間、最大の接続台数がほぼ10台まででしたが「5G X11」は16台まで増えました。

「Galaxy 5G」はこれまでと同じ、最大で10台までとなります。

たとえば、一人暮らしだと正直そんなに使わないですが、ゲーム機はもちろん、これからもWi-Fiに対応している家電なども増えていくので、接続台数が多いと余裕があって安心して使えます。

これも大きなポイントです。

ちがい③ 電池持ち

ただし、電池持ちは「Galaxy 5G」の方が長いです

もし、WiMAXにいちばん求めるものが電池持ちであれば「Galaxy 5G」を選んでもいいかもしれません。

 

ただ「5G X11」も、9時間30分連続でインターネットに接続できるのでモバイルルーターの電池持ちとしては本当に充分です。

また、1回家を出ても、会社・学校・カフェなどで充電できる環境であれば再充電できますし、モバイルバッテリーがあるならそれでまったく問題ありません。

 

選び方としては、とにかく圧倒的に電池持ちを重視するなら「Galaxy 5G」、そうでないなら最新で最速の「5G X11」を選んでまちがいありません。

通信速度も速くバランスのとれた機種で、何より「5G」がこれから本格的にスタンダードになっていく上で「Wi-Fi 6」にも対応して長く安心して使っていけます。

 

どこで申し込むのがいい?

新型コロナウイルスの影響を受け、リモートワークなどでWiMAX等の需要が急増しております。

 

そのため新規の受付を停止しているプロバイダもあるので、機種などが決まれば早めの申し込みがおすすめです。

 

WiMAXのプロバイダは20社以上ありますが、どこで申し込んでもWiMAX自体の速度はまったく同じですので、一番安いところで申し込むのが得をします。

WiMAXはプロバイダによって、基本月額や割引額、キャッシュバック額が異なっていますので、それらを加味した実質月額((「初期費用」+「端末代金」+「月額料金×契約期間」- 「キャッシュバックなど特典」)÷「契約期間」)を比較することで、どこが本当に安いのかがわかります。

20社以上のプロバイダを調べてみて、料金の面からおススメできるプロバイダは、次の3社しかありません。

本家の”UQ WiMAX”との比較表を次にまとめています。

【2022年5月 WiMAXプロバイダ別価格比較】

おすすめできるのは、

  • 実質月額料金が最も安い!GMOとくとくBB!
  • 他社の解約違約金を最大19,000円キャッシュバックしてくれる!BroadWiMAX!
  • 途中解約の違約金が安い!BIGLOBE!

の3社です。

 

おすすめのプロバイダ

【1位】GMOとくとくBB

実質の月額料金が最も安いプロバイダです。

14,000円のキャッシュバックがもらえ、さらに他では分割で支払うことが多い「端末代金」も無料です。

ちなみに5Gのキャッシュバックはいつまでやっているかわからないので、決まれば早めの申込みがおすすめです。

 

さらに、他社から乗り換えで違約金がかかる場合は、23、000円のキャッシュバックがついてきます(ただし、14,000円の通常のキャッシュバックとは併用できません)。

この場合は、通常のキャッシュバックよりも、最大9,000円もお得になります。

 

\実質料金が最安!/

GMOとくとくBBを詳しく見る

※14時までは当日発送が可能です。
※WiMAXが届いて8日間は返品できます。
 

【2022年最新版】損せずGMOとくとくBBでWiMAXを申し込む方法

 

【2位】Broad WiMAX(ブロードワイマックス)

実質月額料金は「GMOとくとくBB」より少し高めですが、ここの特徴は、他社から乗り換えるときにかかる解約の違約金を最大19,000円キャッシュバックしてくれることです。

他社のWiMAXだけでなく、モバイルWi-Fiや光回線などもキャッシュバックの対象になります。

他社からの乗り換えを考えている人は、BroadWiMAXがおすすめです。

 

\他社違約金を最大19,000円キャッシュバック!/

Broad WiMAXを詳しく見る

※WiMAXが届いて8日間は返品できます。
※クレジットカードは必要ありません。
 

【WiMAX】機種選びに失敗!でも「違約金なし」で「すぐ」機種変更できた裏ワザとは!?

 

【3位】BIGLOBE(ビッグローブ)

BIGLOBEの特徴は、途中解約の違約金が非常に安く、1~12ヵ月目で1,100円、13ヵ月目以降は0円と、他社と比べて大幅に安くなっていることです。

「GMOとくとくBB」や「Broad WiMAX」では3年以内に解約すると10,000円以上の違約金がかかりますから、とても安いことが分かると思います。

3年も使わないかもしれない。。。という方は、解約の違約金が安い「BIGLOBE」がおすすめです。

 

\途中解約の違約金が安い!/

BIGLOBEを詳しく見る

※WiMAXが届いて8日間は返品できます。
※クレジットカードは必要ありません。
【2022完全版】損せずBIGLOBEから口座振替で申し込む方法を伝授