ポケットWi-Fiのバッテリー(電池)は持つの?実は機種選びに大きなヒミツがあった!

外出先でもインターネットが使えるポケットWiFiですが、電池持ちってぶっちゃけどのくらいなの?と気になっていませんか?

例えば仕事で使っているといった場合は、もしポケットWiFiの電池がなくなると先方さんとの連絡がつかなくなるといった怖さがあるし、帰宅途中の電車のなかで電池がなくなると何もできなくなります。

 

そこでポケットWiFiのバッテリーについて詳しく紹介していきます。

電池の持ちは長いほうがいいのは間違いありませんが、どのくらい持つのでしょうか?

実は、どこで申し込むか?どんな機種を使うか?で、

かなり大きな差

があるのです。

 

電池持ちのいいポケットWiFiは?

時間がない人のために、

①とにかく電池持ちがいい

②通信速度も速い

この2つを満たしているおすすめのポケットWiFiを3つ紹介します。

 

1位⇒WiMAX「Galaxy

バッテリー
(5.0)
通信速度
(4.0)
月額
(5.0)
総合評価
(4.5)

1位は、2021年4月発売の「Galaxy 5G Mobile Wi-Fi」です。

WiMAX「Galaxy 5G Mobile Wi-Fi」のバッテリー性能はかなり高く、フル充電すると連続でインターネットにつなげられる時間が16時間40分あります。

これは、待ち受け時間ではなく「Galaxy 5G Mobile Wi-Fi」がスマホ・タブレット・パソコンなどとインターネットにつなげられている時間です。

1日中使いっぱなし!という人も、17時間近くネットにつなげられるので余裕で持ちます。

また、通信速度も最大速度で光回線よりも早い2.2Gbpsが出るので、快適にインターネットを使えます。

月額もかなり安く、月間の通信容量制限はありません。

バッテリーの性能はもちろん、すべてにおいてバランスのとれた機種で電池持ちをいちばんに重視するならこれ一択と言ってもです。

 

Galaxy 5G Mobile Wi-Fiの契約はこちら/

GMOとくとくBBで詳しく見る

※本体が届いて8日間は返品できます。
 

 

2位⇒WiMAX「WX06」

バッテリー
(4.0)
通信速度
(3.0)
月額
(5.0)
総合評価
(4.0)

2位は、2020年1月発売の「WX06」です。

「W06」は連続通信時間が電池持ち優先モードで14時間です。

それでも、フル充電で14時間近くはインターネットにつなぐことができるので充分ではあります。

通信速度は、下り最大440Mbpsで、「Galaxy 5G Mobile Wi-Fi」の2.2Gbps(2200Mbps)比較すると、

1/5の速度になりますので、電池持ちという観点では、やはり「Galaxy 5G Mobile Wi-Fi」がおすすめです。

 

3位⇒WiMAX「WX05」

バッテリー
(3.0)
通信速度
(4.0)
月額
(5.0)
総合評価
(4.0)

 

WiMAX「WX05」のバッテリー性能はかなり高く、フル充電すると連続でインターネットにつなげられる時間が13時間50分あります。

これは、待ち受け時間ではなく「WX05」がスマホ・タブレット・パソコンなどとインターネットにつなげられている時間です。

1日中使いっぱなし!という人も、14時間近くネットにつなげられるので余裕で持ちます。

通信速度は、下り最大440Mbpsで、「Galaxy 5G Mobile Wi-Fi」の2.2Gbps(2200Mbps)比較すると、

1/5の速度になりますので、電池持ちという観点では、やはり「Galaxy 5G Mobile Wi-Fi」がおすすめです。

バッテリーと速度に自信あり/
◆とくとくBB

GMOとくとくBBで詳しく見る

※本体が届いて8日間は返品できます。
 

 

それでは、ここからはもう少しくわしく見ていきましょう。

ポケットWifiは本当にそんなに電池が持つの?

 

商品説明では、「10時間以上持つ」「1日中つけっぱなしでも大丈夫」といった説明をされた人もいるかと思いますが、果たして本当にそうなのでしょうか。少し調べてみるといろいろなポイントが見えてきました。

 

□ポケットWi-Fiの電池持ちは悪い?

ほんの3年ぐらい前までは、ポケットWifiは電池の持ちが悪いと言われていました。

顧客満足度調査による一番大きな不満が「電池の持ち」と回答しており、しかもその数は半数以上でした。

 

そもそも、ポケットWiFiを1日中使っている人は、当然バッテリーそのものも減っていきます。

このヘビーユーザーの人たちを「1日にちょこっと使う人」と同じように見てもいいのかという意見です。

 

使い方については、個人差が非常に大きいため、どこに焦点を合わせるかで見方が大きく変わってくるのです。

また、ポケットWiFiのバッテリーについてですが、「寿命」と「連続通信時間」というものがあり、画面上で見えるバッテリーの数値が実際の稼働時間とリンクしていない場合があります。

これも電池の持ちに混乱をもたらしている点でしょう。

 

 

「寿命」については、充電回数が350回を超えるあたりで、連続通信時間が買ったときの75%ほどになるといわれています。

WiMAX「Galaxy 5G Mobile Wi-Fi」であれば、最大17時間使えていたのが、12時間30分ほどになる計算です。

 

最近の機種は、連続通信時間が10時間を普通に超えてくるので、充電する回数にもよりますが、ちょうど1年くらいでバッテリーの消耗がはじまります。

 

普通に使っていれば3年程度でその数値になるといわれていますが、毎日ぎりぎりまで使っているというような人の場合は、1年程度でこの寿命が訪れることも少なくないでしょう。

また、ポケットWiFiの機種によっては、機能がたくさんついているものもあり、こうした機種は思った以上にバッテリーを消費します。

 

これは、ルーター本体が処理している内容が異なってくるためです。

バッテリー容量ではなく「連続通信時間」を確認すると、実際の利用時間に近い数値が出てくるでしょう。

こうした仕組みのため、最新鋭機種でバッテリーが大きいポケットWiFiが、意外と型落ちで機能が少なく小さなバッテリーしか持っていないポケットWiFiよりも電池の持ちが悪いと感じる場合も少ないくないのです。

 

□ポケットWifiの電池切れを回避する方法(モバイルバッテリー・省電力等)

ポケットWiFiの電池切れを回避する方法は大きく2つといわれています。

①こまめに電源を切ること

②もうひとつはモバイルバッテリーを持ち歩く

です。

基本的に一日中ポケットWiFiの電源をONにして活動し続けているという人は意外に少ないです。

例えば海外旅行などでポケットWiFiを利用していたとしても、観光地についてしまえばその場で楽しむだけであり、ずーーっとインターネットは必要ないはずです。

同じように日本でも、使わないときにはこまめにポケットWiFiの電源を切っておくことで、充電を長持ちさせることが出来ます。

 

また、電源を切るのが手間だと思う人は、使わないときにスマートフォンとの接続を切っておくというだけでもかなり変わります。

これは、iphoneでもアンドロイドでも「設定」から「WiFi」を切るだけです。

それで、ポケットWiFiからの電波が切れるので、スマホもポケットWiFiもかなり電池の節約になります。

 

一般的に、ポケットWifiは利用していないときは省電力モードになるので、ほとんど電池が減らないのです。

これだけで、電池の持ちが倍ぐらいになることもよくあります。

 

 

また、モバイルバッテリーについては、一つあるだけでも精神的な余裕が全然異なってきます。

ポケットWiFiを日常的に活用している人は、それだけインターネットが必要な人。

 

また、モバイルバッテリーは100円均一で売っているUSBケーブルさえあれば、スマートフォンやパソコンなどの他の電子機器の充電にも活用できます。

電子機器を持ち歩いている人はぜひモバイルバッテリーを備えてみてください。複数の電子機器を持ち歩いている人の中には、電子機器の数だけモバイルバッテリーを持っている人もいるほどです。

 

□小さいポケットWiFiは電池の持ちが悪い?

ポケットWiFiは小さければ小さいほど電池の持ちが悪いという話がありますが、これはもう「完全にひと昔まえのハナシ」です。

 

最新のポケットWiFiは電池持ちがかなりよくなっています。

新しいポケットWiFiは機能が充実しているだけでなく、電池そのものの技術も向上しているのです。

今からポケットWiFiを試そう!と考えている人は、電池の持ちがいいといわれる商品がいくつかあるので、ぜひそうした最新機種を選んでみましょう。

 

電池の持ちがいいポケットWifiランキング

電池の持ちがいいポケットWifi1位の機種についてみていきましょう。

 

1位「Galaxy 5G Mobile Wi-Fi」

WiMAXのポケットWifiの中でも圧倒的な電池持ちを実現させたのが、2021年4月に発売された「Galaxy 5G Mobile Wi-Fi」です。

他にもいろいろな機能を持ち合わせていますが、電池の持ちという点では圧倒的です。

連続使用時間は最大でなんと17時間近くになります。

これは、待ち受けの時間ではありません。

1回のフル充電でインターネットにつなげられる時間です。

ちなみに、待ち受け時間は790時間です。

 

ポケットWiFiの中では文句なしの最長時間を誇っています。

容量が大きくなると気になるのが重さですが、重量も203gと軽い方です。

大きさも気にならない程度なので、電池の持ちを気にする人なら「Galaxy 5G Mobile Wi-Fi」一択です。

他にも、ポケットWiFiでは初めての約5.3インチのディスプレイを搭載し、ひと目で必要な情報を見やすいサイズ で確認できます。

時計やカレンダーも表示できるので、卓上に置いてインテリア的にも使用できます。

 

また、通信速度は5Gエリアで下り最大「2.2Gbps」となっていて、これは光回線の約2倍の通信速度になります。

 

これまでのWiMAXの約7倍の通信速度になりますし、スマホの回線と比較しても圧倒的に速く、動画のダウンロードも一瞬で、ゲームの読み込みなどもストレスなく楽しむことができます。

 

フルハイビジョン(youtubeの最高画質)でも、それこそ「秒」でダウンロードできます。

接続台数は?

「Galaxy 5G」の最大接続台数は10台です。

1台あればスマホ・タブレット・ゲーム機など色んな機器を高速インターネットにつなぐことが可能です。

 

 

速度制限は?

2022年2月から3日で15GBを使用した時の通信速度制限がなくなり、より快適に使用できるようになりました。

WiMAXの5G回線は「3日間で15GB」を超えると次の日の夕方6時~深夜2時のあいだだけ速度制限がかかります。

速度制限といってもyoutubeの標準画質が見れる程度の速度なので、何もできないことはありません。

また、3日間で15GBを超えても、夕方6時~深夜2時以外の時間帯はどれだけ使おうと一切制限はかからないので安心です。

 

ちなみに3日間で15GB使うとなると、youtubeの標準画質で70時間30分見る必要があります。

1日に23時間30分見る必要がありますので、実際にはほとんどの人が速度制限にはかかりにくいです。

機種代金が無料のGalaxy 5Gをくわしく見る/

GMOとくとくBBを詳しく見る

※WiMAXが届いて8日間は返品できます。
 

 

大画面のメリット

「Garaxy 5G」はスマホのような大画面ですべてタッチ操作でだれでも簡単に設定をすることができます。

 

また、いまどれくらい使っているのか?電波の強さはどのくらいか?などのデータもパッと見ただけですぐわかるので、すぐ欲しい情報がすぐ手に入ります。

もちろん横でも縦でも使うことができるので、自分の好きなように使うこともできます。

また、ダークモードにも設定できるので、暗いところで使うときなどは設定しておけば自動でダークモードにしてくれて目にもやさしいです。

 

どこで申し込むのがいい?

新型コロナウイルスの影響を受け、リモートワークなどでWiMAX等の需要が急増しております。

 

そのため新規の受付を停止しているプロバイダもあるので、機種などが決まれば早めの申し込みがおすすめです。

 

WiMAXのプロバイダは20社以上ありますが、どこで申し込んでもWiMAX自体の速度はまったく同じですので、一番安いところで申し込むのが得をします。

WiMAXはプロバイダによって、基本月額や割引額、キャッシュバック額が異なっていますので、それらを加味した実質月額((「初期費用」+「端末代金」+「月額料金×契約期間」- 「キャッシュバックなど特典」)÷「契約期間」)を比較することで、どこが本当に安いのかがわかります。

20社以上のプロバイダを調べてみて、料金の面からおススメできるプロバイダは、次の3社しかありません。

本家の”UQ WiMAX”との比較表を次にまとめています。

【WiMAXプロバイダ別価格比較】

おすすめできるのは、

  • 実質月額料金が最も安い!GMOとくとくBB!
  • 他社の解約違約金を最大19,000円キャッシュバックしてくれる!BroadWiMAX!
  • 途中解約の違約金が安い!BIGLOBE!

の3社です。

 

おすすめのプロバイダ

【1位】GMOとくとくBB

実質の月額料金が最も安いプロバイダです。

14,000円のキャッシュバックがもらえ、さらに他では分割で支払うことが多い「端末代金」も無料です。

ちなみに5Gのキャッシュバックはいつまでやっているかわからないので、決まれば早めの申込みがおすすめです。

 

さらに、他社から乗り換えで違約金がかかる場合は、23、000円のキャッシュバックがついてきます(ただし、14,000円の通常のキャッシュバックとは併用できません)。

この場合は、通常のキャッシュバックよりも、最大9,000円もお得になります。

 

\実質料金が最安!/

GMOとくとくBBを詳しく見る

※14時までは当日発送が可能です。
※WiMAXが届いて8日間は返品できます。
 

【2022年最新版】損せずGMOとくとくBBでWiMAXを申し込む方法

 

【2位】Broad WiMAX(ブロードワイマックス)

実質月額料金は「GMOとくとくBB」より少し高めですが、ここの特徴は、他社から乗り換えるときにかかる解約の違約金を最大19,000円キャッシュバックしてくれることです。

他社のWiMAXだけでなく、モバイルWi-Fiや光回線などもキャッシュバックの対象になります。

他社からの乗り換えを考えている人は、BroadWiMAXがおすすめです。

 

\他社違約金を最大19,000円キャッシュバック!/

Broad WiMAXを詳しく見る

※WiMAXが届いて8日間は返品できます。
※クレジットカードは必要ありません。
 

【WiMAX】機種選びに失敗!でも「違約金なし」で「すぐ」機種変更できた裏ワザとは!?

 

【3位】BIGLOBE(ビッグローブ)

BIGLOBEの特徴は、途中解約の違約金が非常に安く、1~12ヵ月目で1,100円、13ヵ月目以降は0円と、他社と比べて大幅に安くなっていることです。

「GMOとくとくBB」や「Broad WiMAX」では3年以内に解約すると10,000円以上の違約金がかかりますから、とても安いことが分かると思います。

3年も使わないかもしれない。。。という方は、解約の違約金が安い「BIGLOBE」がおすすめです。

 

\途中解約の違約金が安い!/

BIGLOBEを詳しく見る

※WiMAXが届いて8日間は返品できます。
※クレジットカードは必要ありません。
【2022完全版】損せずBIGLOBEから口座振替で申し込む方法を伝授